海外旅行の計画

夏休みに海外旅行に行こうと思い立ちました。

で、どうやって決めれば良いのか若干思慮したので、決めるまでをまとめます。

方法

大きく分けて以下な感じでしょうか。

  1. 航空券、ホテル、その他全て自分で手配
  2. パッケージツアーで航空券・ホテル(・オプショナルツアー)を取る
  3. 添乗員同行ツアーを取る

今回は、自分で手配しても良いのですが、信頼性を持たせるために2にしました。

2や3で考えるのはどの旅行代理店で取るかです。自分は以下のサイトを参考にしました。

格安ツアーの探し方 | 絵でわか〜る。はじめての海外旅行

この中で、直接見たものは

  • トラベルコ
  • エイビーロード
  • 旅工房
  • HIS

です。上2つ、トラベルコとエイビーロードは比較サイトです。旅行代理店は結構あるので、ここで探すのがかなり楽です。

旅工房はHPで目玉としているツアーは割高な感じを受けました(実際どうなんでしょう)。HISは確かに思っていたよりは安価だった。 尤も、イタリアについて旅工房とファイブ・スター・ジャパンに問い合わせたらほぼ同一料金でした。

ファイブ・スター・ジャパンさんはネット販売に注力しているのでしょうか。電話での空席照会はツアー番号によるのが基本でした。メールでの問い合わせだと様々な融通を利かせてくれて良かったです。 (ドイツn日間、最終日Munichなので+2日でVenezia…とか。後で移動に1日費やすことを考えたら無しか…となりましたが。)

手配してよかったこと

手配してよかった点

  • 中東系の飛行機を旅行代理店側が取りやすい? : 試算していないが、skyscannerで出てくるより安く取れる…気がする
  • ホテルの選択がよく考えられている : 立地は大体駅前。総合的に見てもチョイスが絶妙。個人がパッと取ると時々訳わからないところになるので凄い。
  • 観光に必要な日数・時間も(多分)熟知されている
  • 手間がかからない : とても大きな利点。

注意すべき点

  • 夜行列車は基本的に使われない : 要望を出せば使う案を提案してもらえるのかもしれない。しかし見た限りだと無かった。少なくともヨーロッパでは夜行列車は結構走っていて、それ自体を楽しみとする人にとっては盲点かもしれない。
  • 前払い : 地味に知らなかった。1月前くらいに旅行料金をごっそり払う。まあ、予約は既にツアー会社側がしてので当然か。
  • コースの柔軟性は少しだけ落ちる : 言えば自在にアレンジしてもらえるようだ。が、そのやり取りが必要。
  • ホテルのランク : 少なくとも欧州の1つ~2つ星ホテルはあまり使われない…のだろうか。予約後に見てみたらかなりいいホテルだった。

2017GWの混雑

2017年ゴールデンウィークの混雑をまとめます。

[contents:]

動機

○活が早くに終わりそうだったので、ゴールデンウィーク(GW)での旅行を急遽思い立ちました(4月の終わり頃)。さて、どこに行こうか。そもそもどこなら空いているんだろうか。そう思って検索してみたら軒並み公共交通機関も宿泊施設も埋まっていて、日本人の集団大移動かくなるや。という気持ちでした。 で、来年以降のゴールデンウィークのときの参考のためにスクショをパシャパシャ撮り記録しようとしたわけです。 とても完全な情報には程遠いので、あくまで参考、一例です。

ちなみに、この年のGWは、4/29(土), 4/30(日), 5/3(水), 5/4(木), 5/5(金), 5/6(土), 5/7(日)が休みだった気がします。

国内

じゃらんで宿泊施設の空き状況をパラパラ見てみました。

f:id:vita_brevis:20170609013405p:plain f:id:vita_brevis:20170609013408p:plain f:id:vita_brevis:20170609013421p:plain f:id:vita_brevis:20170609013425p:plain f:id:vita_brevis:20170609013430p:plain f:id:vita_brevis:20170609013432p:plain f:id:vita_brevis:20170609013437p:plain f:id:vita_brevis:20170609013437p:plain f:id:vita_brevis:20170609013446p:plain f:id:vita_brevis:20170609013449p:plain f:id:vita_brevis:20170609013454p:plain

一番混んでいたのは5/3、次に5/4でした。その週の土日の方が空いていたのが不思議です。

次に、夜行バスで島根・富山・大阪行き。

f:id:vita_brevis:20170609014727p:plain f:id:vita_brevis:20170609014730p:plain f:id:vita_brevis:20170609014734p:plain

おまけ。JALダイナミックパッケージの羽田~宮古

f:id:vita_brevis:20170609014620p:plain

海外

台湾とかいいなって思っていたんです。ダメでした。SkyScannerで北京経由往復8万とかでした(多分直前に見た影響もある)。

日本人が好きそうな(欧州方向に行く時安め)中東系の航空会社として、Etihadを選んでみました。 混雑が集中するのは、国内~ハブ空港であるアブダビの路線なので、NRT<->AUHを選んでみました。

f:id:vita_brevis:20170609014004p:plain f:id:vita_brevis:20170609014011p:plain

NRT <-> AUH線は、行きは日程によらずですが、帰りはゴールデンウィーク終わりの5/7が値段が高くなっています。 取り敢えず日本人が好きそうなパリCDG <-> AUH線も出してみました。

f:id:vita_brevis:20170609014754p:plain

本当はこういうことがしたかった。

次、Emirates航空のドバイ(DXB)行き。

f:id:vita_brevis:20170609014427p:plain

ポーランド航空のワルシャワ経由ハンガリー行き。

f:id:vita_brevis:20170609014331p:plain f:id:vita_brevis:20170609014335p:plain

Vanilla Airの台湾・沖縄行き。

f:id:vita_brevis:20170609014456p:plain f:id:vita_brevis:20170609014500p:plain f:id:vita_brevis:20170609014504p:plain f:id:vita_brevis:20170609014511p:plain

道北旅行(2日め)

道北旅行 2日目です。この日は、稚内を早朝に旅立ち、豊富駅を基点として稚咲内、豊富温泉に行きました。その後、音威子府まで鉄路で移動し、天塩川温泉に行き、名寄で泊まりました。ダイジェストで言うと、1本逃すだけで旅程が大きく狂ってしまうローカル線・ローカルバスの乗り継ぎ、相変わらず街灯がない北の大地、降りると死にそうな無人駅、寒すぎる名寄です。

早朝に旅立つ

運良く早朝に起き、泊まっていたANAクラウンプラザホテル稚内で朝食を取り (ビュッフェ形式でとても美味しかったです。流石。) 、無事6時前にチェックアウトしました。

ここから稚咲内・豊富温泉に向かうために、まず稚内から豊富まで宗谷本線で移動します。この宗谷本線、特に名寄以北は閑散路線であり (重要な鉄路でもあるのですが)、特急3本、普通4本と本数がとても少ないです。また、稚咲内行きのバスが冬季は午前と午後の1日2本で、午前便に乗るためには5時代の普通列車か7時の特急に乗る必要があります。朝5時は流石につらいので特急にしましたが、それでも普段の生活と比べると朝早く不安で、なかなかエクストリームな旅程でした。

さて、早朝にホテルを発つ時に気になるのが朝食の時間です。今回は、ホテルの方に聞いたところ大丈夫とのことで、無事ビュッフェを楽しむことができました。
地方都市だと (東京とかでも怪しいですが)、まず朝から営業している食堂が見当たらず、必然的にホテルで取ることになります。今回は朝5時過ぎに朝食をとる必要があり、そもそもやっているのか不安でした。まあ、電話して確かめるのが一番確実で早そうですね…。

ホテルの案内

■朝食 6:00~10:00 ■昼食 11:30~14:00(L.O.14:00)
■喫茶 14:00~17:30 ■夕食 17:30~21:30(L.O.21:00)
※季節により営業時間等が変更になる場合がございます。
レストラン&バー「カフェレストラン マリーヌ」 - ANAクラウンプラザホテル稚内

ホテル公式の予約サイト

■ご朝食
焼きたてのパンや地元食材を活かした種類豊富なビュッフェメニューを日替わりでご提供いたします。
早朝出発のフェリーや列車に間に合うように朝食会場をご用意 しております。
朝食営業時間:6時~10時
※ご利用日時によりセットメニューのご提供となる場合がございます。(和・洋食の選択不可)
※ご宿泊状況により営業時間が異なる場合がございます。その際はチェックイン時にお知らせいたします。
ANAクラウンプラザホテル稚内 - 検索結果(プランごと)

さて、まだ薄暗い中、駅に向かいます。

f:id:vita_brevis:20170228094034j:plain f:id:vita_brevis:20170228094038j:plain f:id:vita_brevis:20170228094047j:plain

宿泊していたホテルです。

f:id:vita_brevis:20170228094052j:plain

やはりロシア語が併記されています。

f:id:vita_brevis:20170228094057j:plain f:id:vita_brevis:20170228094101j:plain

駅に着きました。7時の次の列車が11時前とは、日常には使えなさそうです。利用者減少のため本数を減らすと、更に利用者が減ってしまう。そんな悪循環を感じます。

f:id:vita_brevis:20170228094107j:plain f:id:vita_brevis:20170228094111j:plain f:id:vita_brevis:20170228094116j:plain

ささっと諸々の看板を撮っておきます。

f:id:vita_brevis:20170228094121j:plain f:id:vita_brevis:20170228094125j:plain f:id:vita_brevis:20170228094130j:plain f:id:vita_brevis:20170228094134j:plain f:id:vita_brevis:20170228094138j:plain f:id:vita_brevis:20170228094143j:plain f:id:vita_brevis:20170228094147j:plain

列車は意外と混んでいました。おかしい、「JR北海道単独では維持困難な線区」なのに。お金をケチって自由席にしていたので、車窓の利尻富士が見たく座りたかった右側窓際席をなんとか確保でき一安心 (このあと南稚内にも停まり、ほぼ全部の席が埋まっていました)。

f:id:vita_brevis:20170228094151j:plain

南稚内を出ると、抜海まで緩やかな峠越えです。市街地を抜ける直前、右手に小さな稚内市こまどりスキー場 (稚内市こまどりスキー場 | 稚内振興公社)が見えました。この辺りの地形は高低差があまりなくのっぺりしているのにゲレンデを作ってしまうあたりにに、雪国のスポーツ、スキーへの執念を感じます。運営は稚内振興公社。市の施設の運営維持を行っている株式会社だそう。あまり行政の民営化、分離についてはよく分からないのでなんとも言えないですが、財務状況は少なくとも表面上は利益が出ているんですね。

ここから隣駅の抜海までは、ひたすら笹と灌木と雪の中を列車が進みます。北の大地の広大さ、鉄路の維持の大変さを、改めて実感します。

f:id:vita_brevis:20170228094155j:plain f:id:vita_brevis:20170228094200j:plain f:id:vita_brevis:20170228094205j:plain f:id:vita_brevis:20170228094219j:plain

利尻富士が見えました。一瞬だったのと、慌てていたので上手く撮れませんでしたが…。この後、何度か見えるチャンスがあります。

f:id:vita_brevis:20170228094224j:plain f:id:vita_brevis:20170228094230j:plain f:id:vita_brevis:20170228094238j:plain

平野に出ました。平野ですが普通に白樺が生えています。

f:id:vita_brevis:20170228094242j:plain f:id:vita_brevis:20170228094246j:plain f:id:vita_brevis:20170228094250j:plain

ここにもスキー場…。

f:id:vita_brevis:20170228094254j:plain

利尻富士が朝日に淡く照らされていて (Morgenrot) 綺麗でした。

f:id:vita_brevis:20170228094258j:plain f:id:vita_brevis:20170228094303j:plain f:id:vita_brevis:20170228094308j:plain f:id:vita_brevis:20170228094311j:plain f:id:vita_brevis:20170228094315j:plain

豊富で暇をつぶす

豊富にはほぼ定刻通り (07:39) に着きました。(鉄路はバスと比べると時間に正確とは言え、数分程度遅れたりしますよね)。他に数人降りましたが、迎えの車などで気がついたら居なくなっていました。ホーム脇の防風柵が印象的です。

ここで、稚咲内行きバス (09:15発) までどうにかして時間を潰さないといけません。幸い、駅には待合の椅子とストーブがあったので、最低限寒さを凌いで文化的に待っていられそうです。トイレも隣の観光案内所併設のものがあります。

f:id:vita_brevis:20170228094319j:plain f:id:vita_brevis:20170228094323j:plain f:id:vita_brevis:20170228094330j:plain f:id:vita_brevis:20170228094334j:plain f:id:vita_brevis:20170228094338j:plain f:id:vita_brevis:20170228094342j:plain f:id:vita_brevis:20170228094346j:plain f:id:vita_brevis:20170228094350j:plain f:id:vita_brevis:20170228094354j:plain f:id:vita_brevis:20170228094358j:plain

飽きたので駅舎を出てみます。朝の7時39分、街はまだ静かです。

まずATMを求めてセイコーマート とよとみ店に向かいました。しかし悲しいことに、ATMがありませんでした (先にインターネットで調べたらATMアリの記載がなく嫌な予感がしていた) 。
ちなみに、約4000人が住む豊富町ですが、セイコーマートは豊富の市街地に2つ(とよとみ店、エベコロ店) あります。しかもここでは6時〜23時の営業。なんというか、セイコーマートって北海道の駆け込み寺のようです。観光協会のおばちゃん (お姉さん?) 曰く、ここのホットシェフが美味しいとか。地元の人のイチオシ、いつか味わってみたい。

f:id:vita_brevis:20170228094402j:plain f:id:vita_brevis:20170228094406j:plain

フラフラしつつ駅に戻ります。適当に街の写真をあげます。豊富ってこんな街です。

f:id:vita_brevis:20170228094409j:plain f:id:vita_brevis:20170228094413j:plain f:id:vita_brevis:20170228094417j:plain f:id:vita_brevis:20170228094421j:plain f:id:vita_brevis:20170228094425j:plain f:id:vita_brevis:20170228094429j:plain f:id:vita_brevis:20170228094433j:plain f:id:vita_brevis:20170228094437j:plain f:id:vita_brevis:20170228094440j:plain f:id:vita_brevis:20170228094444j:plain f:id:vita_brevis:20170228094448j:plain f:id:vita_brevis:20170228094452j:plain f:id:vita_brevis:20170228094456j:plain

駅前旅館です。

f:id:vita_brevis:20170228094500j:plain f:id:vita_brevis:20170228094504j:plain f:id:vita_brevis:20170228094508j:plain

駅に戻りました。駅の外観がとても国鉄風です。昭和を感じます。時々沿岸バスがやってきて、高校生が乗降します。公共交通機関は学生と高齢者のためにある、そういう場所なんですね。

f:id:vita_brevis:20170228094512j:plain f:id:vita_brevis:20170228094516j:plain f:id:vita_brevis:20170228094519j:plain

駅横の観光案内所の掲示物です。

f:id:vita_brevis:20170228094524j:plain f:id:vita_brevis:20170228094529j:plain f:id:vita_brevis:20170228094533j:plain f:id:vita_brevis:20170228094538j:plain f:id:vita_brevis:20170228094543j:plain f:id:vita_brevis:20170228095019j:plain

稚咲内に行く

9時になって、待ちに待った稚咲内行きのバスがやってきました。これに乗り日本海側の漁港、稚咲内に向かいます。乗客は自分1人。バスはトイレの付いた高速バスのようなものでした。

f:id:vita_brevis:20170228094548j:plain f:id:vita_brevis:20170228094553j:plain

バスは町の中心部を抜けると、線路を超えて西へと向かいます。防風柵・防風林がちょくちょく出てきますが、それ以外は牧場がひたすら広がっているような場所でした。途中からはサロベツ原野[^1]の中を走ります。左右見てもひたすら雪原です。夏だとサロベツ原生花園で綺麗なんですが (冬だとキタキツネツアーとかやっているみたいですね)。

写真は窓越しだったため色調が少し変わってしまっていますが、何もなさが分かるかと思います。

f:id:vita_brevis:20170228094557j:plain f:id:vita_brevis:20170228094604j:plain f:id:vita_brevis:20170228094608j:plain f:id:vita_brevis:20170228094612j:plain f:id:vita_brevis:20170228094615j:plain f:id:vita_brevis:20170228094619j:plain f:id:vita_brevis:20170228094623j:plain f:id:vita_brevis:20170228094627j:plain f:id:vita_brevis:20170228094631j:plain f:id:vita_brevis:20170228094635j:plain

開運橋を超え、目の前に左右に壁のように広がる林が近づいてくると徳富集落です。数軒住宅があります。ここから少し林の中を抜けると、目の前に海が広がり、稚咲内に着きます。稚咲内は十数軒建物があるだけの、海辺の小さな集落です。手前(内陸側)が稚咲内第一、海側に稚咲内第二のバス停があります。

この手前の原始砂丘林も、今回はじっくり観ることができませんでしたが、有名なもののようです。 稚咲内海岸砂丘林 文化遺産オンライン

この海岸線の眺めも秀逸で、夏のドライブでは人気なようですね。

f:id:vita_brevis:20170228094639j:plain f:id:vita_brevis:20170228094643j:plain f:id:vita_brevis:20170228094647j:plain f:id:vita_brevis:20170228094651j:plain f:id:vita_brevis:20170228094655j:plain

稚咲内に着きました (09:34) 。バスの運転手さんが気を利かせて漁港まで運んでくれたので、周りをひと通り見てみました。防波堤越しの利尻富士が綺麗です。ホッキ貝やヒラメなどが取れるそう (豊富駅などにはホッキチャウダーのポスターが貼ってあります) 。

f:id:vita_brevis:20170228094659j:plain

ロシアの漁船でしょうか?

f:id:vita_brevis:20170228094703j:plain f:id:vita_brevis:20170228094707j:plain f:id:vita_brevis:20170228094711j:plain f:id:vita_brevis:20170228094714j:plain f:id:vita_brevis:20170228094718j:plain

辺りはがらんとしていて、工事の音だけが響いていました。

f:id:vita_brevis:20170228094723j:plain f:id:vita_brevis:20170228094728j:plain f:id:vita_brevis:20170228094734j:plain

折り返し待ちのバスです。

f:id:vita_brevis:20170228094745j:plain f:id:vita_brevis:20170228094750j:plain f:id:vita_brevis:20170228094754j:plain

稚咲内集落です。

f:id:vita_brevis:20170228094758j:plain f:id:vita_brevis:20170228094803j:plain f:id:vita_brevis:20170228094807j:plain

ちなみに、豊富町のウェブページに、「第4次豊富町まちづくり計画」という、町のことがよくまとまった文書が在るのですが、その第2編 P.51によれば

水産業の現状は、漁価の低迷やコストの増加などとともに漁業者の高齢化や漁家数の減少などにより、経営が大変厳しい状況にあります。また、漁獲量の安定確保ができるよう漁場の維持管理や、漁業の基盤となる水産施設の維持管理の財源確保が困難な状況となっています。 漁業資源の確保を図るため、ホッキ稚貝の移殖放流、ヒラメの稚魚放流やカシパンの駆除、漁組などによる水産施設の維持補修を行なっています。 漁業経営の安定化を支援するため、今後も漁場整備などを進めるとともに、新たな魚種の放流など、漁獲量の安定確保を行うことが課題です。 だそうです。

10分程で、また同じバスに乗って、駅へと戻ります (09:45)。折り返しのバスに乗る時、運転手さんが「何もなかったでしょう」って。

f:id:vita_brevis:20170228094812j:plain f:id:vita_brevis:20170228094816j:plain f:id:vita_brevis:20170228094820j:plain f:id:vita_brevis:20170228094824j:plain f:id:vita_brevis:20170228094829j:plain f:id:vita_brevis:20170228094834j:plain f:id:vita_brevis:20170228094839j:plain f:id:vita_brevis:20170228094844j:plain f:id:vita_brevis:20170228094848j:plain f:id:vita_brevis:20170228094851j:plain f:id:vita_brevis:20170228094855j:plain

ちなみにこのバス、生活維持路線として補助金を受けているらしいのですが、一体誰のための路線なんだろうとちょっと乗っていて思いました。観光路線としての存在意義もあるのでしょうが…。沿岸バスHPのメッセージを読むと考えてしまいます。

【お願い】
 全国には、存続が危ぶまれるなか、自社努力や国や都道府県、沿線自治体等からの公的な補助、お客様の温かい支援等をもって維持する公共交通が数多くあります。身近な鉄道や路線バス、船(フェリー)を将来にわたって維持するために、積極的なご利用をお願い申し上げます。 → 参考 : 生活交通路線の運行について(沿岸バスの補助対象路線)
沿岸バス株式会社|札幌・旭川・増毛・留萌・羽幌・遠別・豊富

豊富でまた暇をつぶす

次は豊富温泉に向かいます。このバスは11時で、まだ1時間ほどあります (その前の1本は平日運休とか) 。隣の観光案内所が開いていたので、暇つぶしがないか聞いてみました。

おばちゃん (お姉さん?) 曰く。駅や駅前の喫茶店は11時くらいにならないと開かないらしい。丸勝亭という食堂が美味しいらしい。あと、夢工房というパン屋さんがあり、豊富町外からもお客さんが来るほど人気なのだそう。「都会の人からするとなーんもないでしょ」って。事前にインターネットを見ただけでは分からなかったので、観光案内所は強いなあと思いました。

あまりお腹が空いていなかったので、その中で一番お手頃そうな、夢工房というパン屋さんに行ってみることにしました。

f:id:vita_brevis:20170228094859j:plain

町役場かな?

f:id:vita_brevis:20170228094903j:plain

例の稚内信金です。

f:id:vita_brevis:20170228094908j:plain

夢工房に来ました。最初、入り口がどこだか分からずかなりうろちょろしてしまった。驚いたことに、後から後からひっきりなしに車がやってきていました。

f:id:vita_brevis:20170228094916j:plain

店内も、そこまで広いお店ではないのですが、レジには行列が。1つ買ってみました。美味しかったです (が、パンに関して味音痴なのであまり違いわからず…)。どうも道内産小麦を使っているとからしいです。

海幸と山幸☆ « 豊富ホッキチャウダー

f:id:vita_brevis:20170228094911j:plain

少し休んだら、駅に戻ります。この近くには、郵便局、丸勝亭、誠鮨などが並んでいます。

f:id:vita_brevis:20170228094921j:plain f:id:vita_brevis:20170228094925j:plain f:id:vita_brevis:20170228094928j:plain f:id:vita_brevis:20170228094933j:plain

別の通りを歩いて駅に帰ります。閉店した本屋さん。

f:id:vita_brevis:20170228094936j:plain f:id:vita_brevis:20170228094940j:plain f:id:vita_brevis:20170228094944j:plain f:id:vita_brevis:20170228094948j:plain f:id:vita_brevis:20170228094951j:plain f:id:vita_brevis:20170228094955j:plain f:id:vita_brevis:20170228095000j:plain f:id:vita_brevis:20170228095004j:plain f:id:vita_brevis:20170228095008j:plain

喫茶店が開店していることを示す、信号機の灯りがついていました。

f:id:vita_brevis:20170228095012j:plain f:id:vita_brevis:20170228095016j:plain

普通列車が到着していました。1両。

f:id:vita_brevis:20170228095023j:plain

豊富温泉で石油にむせる

やっと、待ちに待った豊富温泉行きのバスがきました。

f:id:vita_brevis:20170228095036j:plain

沿岸バスの萌えキャラです。観光案内所のおばちゃん曰く、このキャラたちのグッズが人気ですぐ売れちゃうんだそう。

f:id:vita_brevis:20170228095041j:plain

10分程走り、「ふれあいセンター」バス停でバスを降りました (「豊富温泉」バス停だと温泉街入り口になってしまいます)。温泉街に人の気配がしますが、でもあまり賑わっている程でもなさそう (失礼)。

f:id:vita_brevis:20170228095139j:plain f:id:vita_brevis:20170228095131j:plain

このふれあいセンターで日帰り入浴します。

この豊富温泉は、石油掘削とともにお湯が湧き出たのが由来です。そのため、全国でも珍しく油分を含んでいます。大袈裟に言えば石油風呂です。自分も人生で初めて入りました。そして、最北の温泉郷でもあります。北海道はなかなか温泉がないので…。
感想ですが、確かに湯船の表面には油膜があって、光を虹色に反射していました。うーん…浴室に充満する石油の匂い、これがかなーり自分にはキツかった。地元の人が長時間平気で入っていられるの、凄いなあと思います。身体を清めているのか油塗ってるのか、なんだかよく分からなくなります。あと、その日は1日、油の匂いに包まれてました…。何にせよ、面白い体験だったとは思います。

ふれあいセンターの食堂では、エゾシカのメニューが沢山ありました。今回は時間がなくて食べられず、結構後悔しています。このあと道北を回りましたが、鹿を供す所に出くわさなかったので、食べたい人は是非食べたほうがいいと思います。安いし売店も充実しているし。美味しそう。

f:id:vita_brevis:20170228095109j:plain f:id:vita_brevis:20170228095100j:plain f:id:vita_brevis:20170228095105j:plain

隣にガスタービン発電所かな? があります。遠くにはスキー場があって、リフトとゲレンデにかかる音楽の音が響いてきます。人がいないのが寂しい。

f:id:vita_brevis:20170228095124j:plain f:id:vita_brevis:20170228095046j:plain

川島旅館です。リニューアルして今風のシンプルで落ち着いた、上品なデザインになっています。クレミアが売ってるのもナウでヤング。

f:id:vita_brevis:20170228095134j:plain f:id:vita_brevis:20170228095119j:plain

バス停でバスを待ちます。ちょっと吹雪いてきました。10分位で、バスがほぼ時刻通りにやってきました。これに乗って駅に戻ります。

f:id:vita_brevis:20170228095115j:plain f:id:vita_brevis:20170228095143j:plain f:id:vita_brevis:20170228095146j:plain

特急、鹿に衝突す

駅横の観光案内所で、1つ気になったスイーツを買います。「とよとみカタラーナ」というもので、包装がおしゃれなのと、自分がチーズケーキやクリームブリュレ系に弱い。

f:id:vita_brevis:20170228095150j:plain

特急サロベツ (14:39発) に乗り込みます。自由席は1両で、しかも前方の機関室?が大きく、席数が少ないです。何とか通路側の席を確保したので座ります。

f:id:vita_brevis:20170228095154j:plain

そう、待っている間に、同じ待ち人から「旅行ですか?」と声を掛けられました。「そうです、東京からなんです」と伝えると、「ええ、こんなところに何しに!?何もないでしょう」と。北海道の人、自らこれ言うんだなあ。その方も、旭川から一人旅で来たのだそう。近くても豊富は初めてだそうで。旭川・名寄あたりは本当に寒いとか、食べるならキンキ鍋だかがいいよ〜と教えてもらいました。面白い。
JR北海道の話については、やっぱり車があるから車使っちゃうよねと。でも、冬はバスなんかよりやっぱり鉄道よと。地元の人からの信頼があるみたい。色々地元の人の話を聞くことができて、かなりいい体験になりました。

f:id:vita_brevis:20170228095158j:plain

さて、乗り込んだ特急サロベツですが、国鉄時代の車両だからか明らかにスーパー宗谷より鈍重でした。車両を置き換えるお金を捻出できないJR北海道の厳しい台所事情が身に沁みます。同じ車両で運航されている特急オホーツクが「ノローツク」と揶揄されてしまうのも、仕方がないのかなあ…。

次なる目的地の音威子府までは、途中から天塩川にそって何もないところを走ります。地図で見ても、川に沿って何とか線路を通したような、そんな区間です。周りを見ても、ひたすら川と雪と森です。東京から来た自分にとっては贅沢な光景なのですが。

f:id:vita_brevis:20170228095202j:plain f:id:vita_brevis:20170228095206j:plain

そんな風景を楽しんでいたら、特急がいきなり汽笛を鳴らして急ブレーキを掛けました。直後、ドンという衝撃。一瞬車内の電気が消えます。うーんこれはまさか、旅行中にそんな偶然出会うものかと思っていましたが、案の定。鹿との衝突。北海道では多いと聞いてはいましたが、まさか遭遇するとは (特にこの区間は多いらしい)。自分にとってはいい経験になりましたが、鹿さんのことを想うと当然素直に喜べはしません。いや、どうせなら捌いてジビエにしちゃってほしい。

そのうち手袋をはめダウンジャケットを着た車掌さんが後ろから来て、運転士さんとともに外に降りていきました。「車掌が一時列車を不在にします」というアナウンスが掛かります。

結局、10分くらいしてようやく走り始めました。

雪の音威子府村

16時前に音威子府駅に着きました。漢字の稀有な羅列に特徴的な読みで昔から来てみたかった所なので、感慨もひとしおです。 村自体が豪雪を謳っているだけあって、明らかに稚内より雪が多い気がしました。

f:id:vita_brevis:20170228095210j:plain f:id:vita_brevis:20170228095215j:plain f:id:vita_brevis:20170228095219j:plain

特急サロベツが、3月のダイヤ改正で新車両になるからなのか、列車を撮影する人も数人見かけました。

f:id:vita_brevis:20170228095226j:plain f:id:vita_brevis:20170228095231j:plain f:id:vita_brevis:20170228095235j:plain f:id:vita_brevis:20170228095239j:plain

で、音威子府といえば黒いそばが有名です。駅舎に併設されたお蕎麦屋さんで食べられます。自分も折角だしぱっと食べていくかと思ったのですが、なんと自分の前でそばが売り切れに…。無念

f:id:vita_brevis:20170228095245j:plain f:id:vita_brevis:20170228095257j:plain f:id:vita_brevis:20170228095301j:plain f:id:vita_brevis:20170228095310j:plain

駅前を見てみましたが、確かに村だ…観光客がパッと降りたら絶対困りそう。

f:id:vita_brevis:20170228095249j:plain f:id:vita_brevis:20170228095254j:plain

ここで、天塩川温泉行きのバス (16:25発) を待ちます。その間に天北線代替バス 鬼志別行きがやってきました。乗客は若干名。このバスも、乗合タクシーだかにするしないという話が持ち上がったそうですね。 f:id:vita_brevis:20170228095315j:plain

自分はここから、天塩川温泉に音威子府村 地域バスで向かいました。マイクロバスのようでした。日が暮れるに従って車窓も薄暗くなり、一層雪に閉ざされたような光景になっていきます。 f:id:vita_brevis:20170228095319j:plainf:id:vita_brevis:20170228095323j:plainf:id:vita_brevis:20170228095327j:plain

天塩川温泉でほっと一息

天塩川温泉に着きました (16:45) 。とりあえず食べ損ねた黒いお蕎麦を食べます。ここは宿泊もできるようですが、食堂は誰もおらず、がらんとしていました。大丈夫か。

f:id:vita_brevis:20170228095330j:plainf:id:vita_brevis:20170228095334j:plainf:id:vita_brevis:20170228095338j:plainf:id:vita_brevis:20170228095342j:plain

そして温泉に入ります。特段良くも悪くもないものですが、旅の疲れと寒さ、それから豊富の石油質と比べて普通の温泉として楽しめたので、自分には随分よいものに感じられました。最も、露天はかなり寒かったですが…。

天塩川温泉駅に行く : また街灯がなくビビる

さて、天塩川温泉を後にして、最寄り駅の天塩川温泉駅へと徒歩で向かいます。随分大きな建物です。夏はログハウスに泊まれるのかな、涼しくてよさそう。

f:id:vita_brevis:20170228095351j:plain f:id:vita_brevis:20170228095356j:plain

Google Mapを見ながら、駅に向かう1本道を歩いていきます。しかし進むにつれて、辺りが暗くなってきました。真正面にも闇が広がっています。…ノシャップ岬での嫌な思い出が頭をよぎります。 f:id:vita_brevis:20170228095346j:plain f:id:vita_brevis:20170228095359j:plain f:id:vita_brevis:20170228095403j:plain f:id:vita_brevis:20170228095407j:plain f:id:vita_brevis:20170228095411j:plain

うーん、道路の直ぐ横に「闇」があります。これ、多分100m先に突然ワープしたら、帰ってこれずに春まで見つけられなさそうな、そんな状況が左右に広がっています。この地域には近所をジョギングという概念があるんですかね?

f:id:vita_brevis:20170228095415j:plain

橋を渡ります。下は天塩川。雄大な川です。雄大ということは…大きいので落ちた時助からなさそう。橋の下には、うっすらと雪の凹凸が見え、川の音が聞こえます。ちなみにこの写真は肉眼よりも良く写っています。カメラRX100Mk3がかなり優秀だった。なので、実際はもう少し薄暗く見通しが利かなかったです。

f:id:vita_brevis:20170228095418j:plain f:id:vita_brevis:20170228095422j:plain f:id:vita_brevis:20170228095426j:plain f:id:vita_brevis:20170228095430j:plain

川を渡りきりました。渡ってきた橋を振り返ります。

f:id:vita_brevis:20170228095444j:plain

駅が見えてきました!

f:id:vita_brevis:20170228095434j:plain f:id:vita_brevis:20170228095438j:plain

どこだよって感じですが、いえ、ちゃんとこの写真に写っているんです。天塩川温泉駅。面白いのでパシャパシャ写真を撮りまくりです。こんだけ周りに何もなくて、放置されたら生きて帰ってこれなさそうなところに鉄路が通っている(最寄りの売店ってどこでしょう)。偉大。

f:id:vita_brevis:20170228095449j:plain f:id:vita_brevis:20170228095453j:plain f:id:vita_brevis:20170228095457j:plain f:id:vita_brevis:20170228095501j:plain f:id:vita_brevis:20170228095505j:plain f:id:vita_brevis:20170228095510j:plain f:id:vita_brevis:20170228095515j:plain f:id:vita_brevis:20170228095520j:plain f:id:vita_brevis:20170228095526j:plain f:id:vita_brevis:20170228095530j:plain f:id:vita_brevis:20170228095535j:plain f:id:vita_brevis:20170228095539j:plain

お散歩、今したら帰ってこれなさそうだなあ…。

f:id:vita_brevis:20170228095542j:plain f:id:vita_brevis:20170228095548j:plain f:id:vita_brevis:20170228095551j:plain f:id:vita_brevis:20170228095555j:plain

天塩川温泉の灯りが遠くに見えます。一応必要最低限の街灯を設置している感じなんでしょうか。

f:id:vita_brevis:20170228095603j:plain f:id:vita_brevis:20170228095607j:plain

楽しんでいましたが、一つ懸念事項がありました。この駅、列車が運行休止などになっても知る手段がなさそうなことです。この日、自分は次かその次の列車に乗らないと名寄に辿り着けず、この駅の立地だと何かありそうな音威子府にすら辿り着けず凍死しそうだったので、本当にくるのか結構不安でした。

でも、赤字続きのJR北海道はそれでも本当に偉大で (結構感謝した)、時間 (17:56) になったらちゃんと列車がやってきてくれました。

f:id:vita_brevis:20170228095610j:plain f:id:vita_brevis:20170228095614j:plain f:id:vita_brevis:20170228095618j:plain f:id:vita_brevis:20170228095622j:plain

列車は単行ですが、人はポツポツ。スーツ姿の方がいてびっくりしました。列車の座席は、懐かしの0系の椅子です (一度乗ったことがあるような)。時々無名の駅で人が降りていきます。 途中、美深あたりで高校生が乗ってきたのに驚きました。1日数本の路線を通学に使うなんて凄い。

うとうとしているうちに名寄に着きました (18:49) 。名寄は駅がそこまで大きいわけでもなく、辺りは既に暗く、しかも若干疲れていたので、全然写真がありません。

f:id:vita_brevis:20170228095627j:plain

夕食もまだだったので、最初、駅前の三星食堂で名物の煮込みジンギスカンを食べようか迷ったのですが、閉店間際というのもあり、どうもその気にならず。三星食堂さん、大正からやっている有名な駅前食堂さんです。 三星食堂 「鶏の照焼特製マヨネーズ炒定食」 - なよろ商店街ガイド 寄るかいウォッチ - 北海道名寄市の逸品をご紹介!

ホテルに向かいます。今回泊まるところは「グランドホテル藤花」で、市街の中心部にあり駅からはちょっと離れています。夜のピリピリする冷たさを味わいながら、静かな街を歩いていきます。名寄は地図だと、格子状の街が、川と山の間になんとか形成されているように見えますが、実際降りてみると結構広く感じました (ホテルまで時間がかかった…)。ホテルの前の通りは飲み屋さんが立ち並ぶ繁華街で、外は雪だけれど結構人が歩いていました (部屋で外の音は気にならなかったです) 。

ホテルでは自衛隊の方々が何か宴会をしていました。部屋自体は、エレベーター横にある分安かった部屋。屋根とベッドがあれば大丈夫なので、値段を考えると、自分にとってはいい感じです。

名寄、外で朝ごはん食べる所あります?」 「いやちょっと思いつかないですね…」 という会話を経て、朝食も付けてもらう。

f:id:vita_brevis:20170228095643j:plain f:id:vita_brevis:20170228095651j:plain f:id:vita_brevis:20170228095655j:plain f:id:vita_brevis:20170228095702j:plain

この日も、飲み屋に繰り出すかと思ったのですが、やっぱり疲れで寝落ちしました。南無。

3日めにつづく

[^1] 原野 != 未開の野原という気もしますが、とかく太古から手付かずな土地があるって凄いですよね。本州だと山も結構人の手が入っているから。

道北旅行(1日め)

旅行の計画など前準備は、別の記事をご覧ください。

飛行機に乗る

羽田空港から飛行機に乗ります。羽田からの稚内行きはこの時1日1便で、10:25発です。国内線なので1時間前に着けば十分余裕があるかなと思ったのですが、結局着いたのは09:30くらいでした。(京急の10分間隔の羽田空港行きを1本逃してしまい慌てた。) まずATMでお金を預けます。今回はセブン銀行に預けます。行き先に都市銀行のATMがなく、提携先ATMだと手数料がかかるので。旅行をするにしても金策から…。

次に、手荷物を預けます。最近、自動で手荷物を預けられる機械が設置されたので、便利になりました。これ、世界中にとっとと普及して欲しいです。

稚内行きに乗ります。急いでいたので搭乗口の写真とか無いです。普段は、ちょっと贅沢をしてスタバのコーヒーを持ち込むことに決めているんですが、今回は時間が無くてダメでした…。早速飛び立ちます。

f:id:vita_brevis:20170514144727j:plain f:id:vita_brevis:20170514144732j:plain

この日の稚内行きは、概算で登場率50%強くらいでした。3列シートに1, 2人くらい。確かに年末年始、観光のオフシーズンなので乗る人が少なさそうですが。データで見ると、2017年1月の搭乗率は国内線全体で62.2%[?]、羽田 - 稚内線が34.1%、札幌 - 稚内線が27.2%、存続が危ういと言われる羽田 - オホーツク紋別線が58.6%とか。低!多分羽田線でワーストです。稼ぎ時であろう夏の場合は、2016年8月で、国内線全体が71.0%、羽田 - 稚内線が67.5%、札幌 - 稚内線が59.8%、羽田 - オホーツク紋別線は58.0%です。こちらは少し稚内線に分がありますね。ですがしかし、稚内線も存続大丈夫なんでしょうか…?

f:id:vita_brevis:20170514144729j:plain

この日は羽田B滑走路から飛んだのかな。離陸してすぐ右側に急旋回します。中央防波堤などが見えます。 風が強かったのか随分音がしました。あと初めて加速 (Gが大きい) で胃がムカムカしました。

印旛沼が見えます。

f:id:vita_brevis:20170514144807j:plain f:id:vita_brevis:20170514144810j:plain f:id:vita_brevis:20170514144812j:plain

利根川を渡ります。見えているのは常磐線水戸街道大利根橋です。

f:id:vita_brevis:20170514144845j:plain

筑波山が見えてきました。ここは流石にまだ雪が降っていないですね。

f:id:vita_brevis:20170514144912j:plain

雪が出てきました。

f:id:vita_brevis:20170514144941j:plain f:id:vita_brevis:20170514144944j:plain f:id:vita_brevis:20170514144936j:plain

太平洋のようなものが見えます。まだ茨城辺りなのでしょうか。もっと北か?

f:id:vita_brevis:20170514145104j:plain f:id:vita_brevis:20170514145120j:plain f:id:vita_brevis:20170514145122j:plain

岩手山が見えました。思ったよりも早く移動しています。火口とスキー場がよくわかります。

f:id:vita_brevis:20170514145238j:plain f:id:vita_brevis:20170514145246j:plain f:id:vita_brevis:20170514145249j:plain f:id:vita_brevis:20170514145251j:plain f:id:vita_brevis:20170514145254j:plain

こうしてみると小さいですね。最初は安達太良山かと思っていました。調べてみたら岩手山の標高は2038mで、思ったよりも高くないか。結構裸地の部分が少ない。

それからは東北の上空を飛行していきます。前回の新千歳へのフライトの際も、後で地図とにらめっこしないとどこに要るのか分からなかったのですが、今回も似たような風景だなあと眺めていたらいつの間にか下北半島上空になっていました。 六ケ所村の上あたりです。石油備蓄基地と、六ケ所原燃、そのための道路とかが見えます。

f:id:vita_brevis:20170514145824j:plain

下北半島の先端まで来ました。ここから津軽海峡を渡ります。新千歳行きだとこのあたりで降下し始めるので忙しないですが、今回はもうちょっとだけ空の旅が続きます。

f:id:vita_brevis:20170514145833j:plain

高度41000フィートを飛行中。(このあたりで表示が地図に。)

f:id:vita_brevis:20170514145849j:plain f:id:vita_brevis:20170514145852j:plain f:id:vita_brevis:20170514145854j:plain f:id:vita_brevis:20170514145902j:plain

日高山脈が見えてきました。凛々しいですね。その周りが平たい分目立って、なんだか背骨みたいです。ずらっと並んでいる。

f:id:vita_brevis:20170514145931j:plain

苫小牧付近で北海道に上陸。真っ白。鉄路だと数時間掛かるのに飛行機だと1時間ちょっとですから、早いものです。

北海道、蝦夷は開拓が比較的早いからなのか、縦横きれいに整然と道路が並んでいて、しかもその間隔が広い。そして集落が全然見当たらないのですよね。地図でも見るとそうなのですが、実際に空から見てみて、その広さ (と人口密度の低さ…) を実感します。

下の写真は、空知郡南幌町。大きな川が夕張川。右下に長沼町。途中まで斜めに走っている道路が特徴。奥は栗山町です。

f:id:vita_brevis:20170514150730j:plain f:id:vita_brevis:20170514150733j:plain

滝川の辺りです。石狩川が大地を自由奔放に流れていますが、他は真っ白。 向こうに見えるのは大雪山でしょうか?

f:id:vita_brevis:20170514150739j:plain f:id:vita_brevis:20170514150742j:plain f:id:vita_brevis:20170514150745j:plain

山深くなってきました。このあたりに昔、深名線が通っていたんでしょうか。(北海道は景色が単調で、途中から飽きてきちゃいますね…)

f:id:vita_brevis:20170514150842j:plain f:id:vita_brevis:20170514151156j:plain

天塩郡天塩町中産土。川は天塩川、下で丸くカーブしているのが国道40号

f:id:vita_brevis:20170514151048j:plain f:id:vita_brevis:20170514151051j:plain f:id:vita_brevis:20170514151053j:plain

幌延町です。川に天塩大橋が掛かっています。

f:id:vita_brevis:20170514151434j:plain f:id:vita_brevis:20170514151436j:plain f:id:vita_brevis:20170514151439j:plain

幌延の町です。

f:id:vita_brevis:20170514151442j:plain

この辺りから、木の生えていない、なだらかな形容の丘が増えてきます。

f:id:vita_brevis:20170514151604j:plain f:id:vita_brevis:20170514151606j:plain

稚内市沼川です。川に沿った線のようなものが、天北線跡です。

f:id:vita_brevis:20170514151759j:plain

北海道稚内市声問村上声問。タツニウシナイ川が流れてくるところです。

f:id:vita_brevis:20170514152211j:plain

稚内空港に東から侵入するために、ここでぐーっと右に曲がります。宗谷丘陵を跨ぎます。ずっと先まで続いていますね。

f:id:vita_brevis:20170514152301j:plain

日本海側です。猿払が見えます。

f:id:vita_brevis:20170514152331j:plain f:id:vita_brevis:20170514152416j:plain

宗谷岬ウィンドファームが見えてきました。圧巻ですね。

f:id:vita_brevis:20170514152418j:plain

奥には樺太です。

f:id:vita_brevis:20170514152421j:plain f:id:vita_brevis:20170514152429j:plain f:id:vita_brevis:20170514152431j:plain f:id:vita_brevis:20170514152434j:plain f:id:vita_brevis:20170514152437j:plain

どんどん高度を下げていきます。

f:id:vita_brevis:20170514152440j:plain

空港に着陸しました。北海道の北の端ですが、飛行機だと約2時間、遠いようで近い場所でした。しかしこれから3日間もかけて、さっきまで見てきた北の大地を移動していきます。

f:id:vita_brevis:20170514152443j:plain

稚内駅に行く

帰省の上りラッシュもあってか、空港は千歳行き・羽田行きを待つ乗客で意外と混んでいました。稚内便の空き具合とは対照的です。
連絡バスに乗ってまず稚内駅に向かいます。この連絡バスは乗り換え時間がかなり短い(公式には、千歳便で5分、羽田便で10分)ですが、全部乗りそうな人が乗ったことを確認してから出発していました。

途中、声問の集落を通ります。ここで宗谷岬行きのバスに乗り換えられますが、漁村のような感じなので待つ間暇そうです。1軒だけ幟の立っている定食屋が見えました。喫茶ハビィかな。 https://tabelog.com/hokkaido/A0109/A010901/1022521/

駅に着きました。稚内は日本最北端の人口3.56万人[^1]の市です。歴史は長く、樺太との連絡航路の玄関口でもありました。その玄関とも言える稚内駅は、2012年[^2]に建て替えられた新しいもので、内部に土産屋、定食屋、映画館などが入っています。

駅を降りて驚くのが、ロシア語が道路標識に併記されていることです。ロシアの漁船が、オホーツク海の海産物を売りに来るのだとか。市内にはロシア料理店もあります。ロシアの人は見ませんでしたが、海を挟んで大国ロシアが確かにあるのだと実感します。東京にいると、西欧諸国と比べロシアは心理的距離が遠いので尚更です。

商圏に関して面白いのは稚内信用金庫でしょうか。他の金融機関と比べ自己資本比率が相当に高い信金です。まあ、後で知ったことだけれど…。他の産業については、手っ取り早くググって出てきた以下のpdfが分かりやすい。 05wakkanai.pdf

宗谷岬に行く

さて、宗谷岬に向かいます。稚内駅前ターミナルから宗谷岬行きのバスに乗ります。このバスは1日7本と数が少なく、13:20のに乗り損なうと次は16:20です。バスのりば自体は分かりやすく、隣にお馴染みセイコーマートがあり、宗谷岬までの往復切符もバスターミナルの窓口で購入可能です。

f:id:vita_brevis:20170514153137j:plain

このバスは鬼志別行きですが、路線自体はそこから浜頓別経由で音威子府まで4時間の道のりの長大路線で、1989年に廃止されたJR北海道 天北線代替バスです。鉄道が廃止になった後、代替バスも沿線の人口減によって、観光収入を見込める宗谷岬経由へ経路が変わったものだそう。元々天北線が通っていた内陸の曲渕等へは、曲渕線が今は通っています。

なるほど確かに、観光客が手っ取り早く宗谷岬に行こうとしたらこのバスを使うより他ないので、その目論見は一定程度正しかったように思います。が、そもそも北海道に来る観光客はレンタカーを使いがちなので、実際のところ効果の程度はどうなのでしょうか…。

北海道は集落がまばらに在るので、それらを結ぶインフラの維持の大変さを感じます。

バスに乗って出発です。途中、市街を通り抜けていきます。

f:id:vita_brevis:20170228092954j:plain f:id:vita_brevis:20170228092959j:plain f:id:vita_brevis:20170228093002j:plain

意外と雪は積もっていません。でも、やはり人は歩いていない…。稚内市街自体は、そこまで高層の建物がなく (駅付近くらい) 、すぐに住宅街のようになりました。

f:id:vita_brevis:20170228093006j:plain

どうみてもマークが西武な西條デパート (実際は総合スーパー) です。名寄にもあります。おばあちゃんが沢山乗降しました。サーティワンアイスクリームが入っていて、結構混んでいました、東京の先端の文化が輸入されたということで皆行きたがる風潮、平成でもあるんでしょうか。

ここを運営している株式会社西篠、売上高が182億円で結構大きいんですね。これだけ見ると、東証一部上場のメガネスーパーくらいで、百貨店ならJASDAQ上場のながの東急百貨店 (2017年1月期が197.5億) くらいでしょうか。あと、ロゴが西武に似ているのは下記の理由で繋がりがあるからでしょうか。

日本百貨店経営協議会 解体前のセゾングループ西武百貨店)が主導した、地方百貨店との共同仕入グループ。当社も加入していた。「西條」の枠囲みロゴも、当時の西武百貨店のものと類似している。(Wikipedia)

声問の集落です。空港連絡バスからここで乗り継ぎも可能です。(但し国道脇の何もないバス停)

f:id:vita_brevis:20170228093010j:plain f:id:vita_brevis:20170228093014j:plain f:id:vita_brevis:20170228093018j:plain f:id:vita_brevis:20170228093022j:plain f:id:vita_brevis:20170228093026j:plain

海岸線に出ました。ここからは宗谷の集落までひたすら走ります。大体14時前でしが、緯度が高いこともあって[^3]陽が低かったです。その分景色が綺麗だったので自分は歓喜していました。

f:id:vita_brevis:20170228093031j:plain f:id:vita_brevis:20170228093035j:plain f:id:vita_brevis:20170228093038j:plain f:id:vita_brevis:20170228093042j:plain f:id:vita_brevis:20170228093048j:plain

宗谷岬ウィンドファームが見えてきました。風車が特徴的です。どことなく、新海誠監督の「雲のむこう、約束の場所」を思い起こさせるような風景です。

f:id:vita_brevis:20170228093058j:plain f:id:vita_brevis:20170228093102j:plain f:id:vita_brevis:20170228093106j:plain

岸辺の海水が凍っています。遠くに低潮線のようなものが見えます。意外と遠浅だった。

f:id:vita_brevis:20170228093110j:plain

海岸沿いの集落がポツポツ出てきます。ちなみに宗谷岬という地名の他に、宗谷という名の集落もあります。

f:id:vita_brevis:20170228093114j:plain f:id:vita_brevis:20170228093119j:plain f:id:vita_brevis:20170228093124j:plain f:id:vita_brevis:20170228093129j:plain f:id:vita_brevis:20170228093133j:plain

宗谷岬に着きました。冬ながら他にも観光客数名が降ります。客層は様々。周囲には公衆トイレが2つあります。

f:id:vita_brevis:20170228093138j:plain f:id:vita_brevis:20170228093143j:plain f:id:vita_brevis:20170228093148j:plain f:id:vita_brevis:20170228093229j:plain

オフシーズンなので、流石にどのお店も閉まっていました。唯一、青い建物のお土産屋産 兼 流氷館だけが営業していました。ここで「日本最北端到達証明書」なるお土産を購入できます。

上記の商品はすべて当協会が協会加盟店へ卸販売している商品です。お買い求めは卸し先の協会加盟店でお願いします。販売しているお店をお知りになりたい場合は当協会までお問い合わせ下さい。

なかなか社会を感じる。

低潮線保全区域だそう。排他的経済水域は低潮線によって決まるので、国境たる宗谷海峡の低潮線が国として重要ということでしょうか。大臣の許可がいるとは。確かに、勝手に削られたりしたら大変ですが。 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2011/html/tokushu/p030_03_03.html

f:id:vita_brevis:20170228093153j:plain

周囲はこのようになっています。

f:id:vita_brevis:20170228093157j:plain f:id:vita_brevis:20170228093201j:plain f:id:vita_brevis:20170228093205j:plain

間宮林蔵像だけがぽつんと建っています。荒涼とした景色を見てやっと「最果てに来たんだなあ」と実感します。何しろ数時間前まで東京だったので。

f:id:vita_brevis:20170228093209j:plain

遠くにうっすらサハリンが見えます。人生初、肉眼でロシア。

f:id:vita_brevis:20170228093219j:plain f:id:vita_brevis:20170228093224j:plain

エキノコックス症の注意喚起。東京だと、野獣に触れる際に病気を気にする人は稀有だと思いますが、これは環境が整っていて恵まれているのかな。

f:id:vita_brevis:20170228093233j:plain

宗谷岬の例のモニュメントは、記念撮影がひっきりなしに行われているので後回しにしました。丘の上に登ってみます。ここには、大岬旧海軍望楼と、大韓航空機撃墜事件の慰霊碑があります。

f:id:vita_brevis:20170228093237j:plain f:id:vita_brevis:20170228093309j:plain f:id:vita_brevis:20170228093241j:plain f:id:vita_brevis:20170228093245j:plain f:id:vita_brevis:20170228093249j:plain f:id:vita_brevis:20170228093253j:plain f:id:vita_brevis:20170228093300j:plain f:id:vita_brevis:20170228093305j:plain f:id:vita_brevis:20170228093313j:plain

慰霊碑がこちら側にあるのが恣意的なのか地理的必然なのかわからないですが、鉄のカーテンがあった時代と、向こう側の不透明さを感じました。

f:id:vita_brevis:20170228093318j:plain f:id:vita_brevis:20170228093323j:plain f:id:vita_brevis:20170228093404j:plain f:id:vita_brevis:20170228093326j:plain f:id:vita_brevis:20170228093330j:plain f:id:vita_brevis:20170228093335j:plain f:id:vita_brevis:20170228093340j:plain

ここからの宗谷の丘の景色は、とても素敵でした。何もないを探していたので、これは良かったです。ちなみに、宗谷丘陵では日本には珍しい周氷河地形で、北海道遺産に指定されています。過酷な環境で、火事で焼けた後木が生えていないとか。

f:id:vita_brevis:20170228093345j:plain f:id:vita_brevis:20170228093353j:plain f:id:vita_brevis:20170228093357j:plain f:id:vita_brevis:20170228093401j:plain f:id:vita_brevis:20170228093410j:plain f:id:vita_brevis:20170228093415j:plain f:id:vita_brevis:20170228093420j:plain f:id:vita_brevis:20170228093425j:plain f:id:vita_brevis:20170228093430j:plain f:id:vita_brevis:20170228093435j:plain f:id:vita_brevis:20170228093444j:plain

風紋 (シュカブラ, skovla) です。風が強い。

f:id:vita_brevis:20170228093448j:plain

丘を降りて、集落と日本最北端の碑 (“”“例のモニュメント”“”) を見ます。

f:id:vita_brevis:20170228093452j:plain f:id:vita_brevis:20170228093457j:plain f:id:vita_brevis:20170228093506j:plain f:id:vita_brevis:20170228093511j:plain f:id:vita_brevis:20170228093516j:plain

見える範囲のものは見たので、バスの待合室に入ります。旅のノートがありました。自転車で一周が皆好きらしい。

f:id:vita_brevis:20170228093522j:plain f:id:vita_brevis:20170228093526j:plain

バスで稚内に戻ります。

f:id:vita_brevis:20170228093531j:plain

お昼を食べる時間がなかったので、何か食べようと、Google Mapで見つけた海鮮丼屋に行ってみました…が、団体貸切で入れず。無念。

f:id:vita_brevis:20170228093544j:plain

仕方がないので駅まで歩いて戻ります。

f:id:vita_brevis:20170228093536j:plain f:id:vita_brevis:20170228093540j:plain f:id:vita_brevis:20170228093548j:plain f:id:vita_brevis:20170228093552j:plain

この高架は、JR北海道 宗谷本線の高架で、日本最北の高架…なんでしょうか。他にも市内には様々な「日本最北端」があります。しかし、日本最北端の地そのものは公式には択捉島の北端のはずで、稚内がこれを謳って観光資源化するのは文句を言われないのでしょうか。

f:id:vita_brevis:20170228093556j:plain

旧瀬戸邸は市のウェブサイトに載っていた文化財ですが、時間的に中に入れず、外から見るのみにとどめました。 http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kyoiku/kakusyushisetsu/setotei.html

f:id:vita_brevis:20170228093600j:plain

他、稚内の建物コレクション。

f:id:vita_brevis:20170228093607j:plain f:id:vita_brevis:20170228093613j:plain f:id:vita_brevis:20170228093617j:plain f:id:vita_brevis:20170228093622j:plain

駅舎の定食屋さん「お食事処ふじ田」に来ました。ホタテ丼。稚内で水揚げされたのかはともかく、美味しかったです。お腹が満たされました。何より昼と夕方の間の中途半端な時間に入れたのが良かった。

f:id:vita_brevis:20170228093626j:plain

稚内駅です。真新しいですが、列車に関わる部分は有人改札1つ、券売機1つ、あと窓口とこじんまりとしています。列車も1日に7本で、乗降客数は100人程度。駅舎とのギャップに違和感が拭えませんが、人口3.5万人の玄関口という威信なのでしょうか。ちなみに、この時間でももう辺りが暗くなっていて、北国の昼の短さを感じました。

f:id:vita_brevis:20170228093632j:plain f:id:vita_brevis:20170228093637j:plain f:id:vita_brevis:20170228093642j:plain f:id:vita_brevis:20170228093646j:plain f:id:vita_brevis:20170228093650j:plain f:id:vita_brevis:20170228093654j:plain

本日のお宿、ANAクラウンプラザホテル稚内です。チェックインと荷物置きを兼ねて、一旦来ました。ANAの旅作のあの安さで泊まっていいの?と思わず思ってしまうような立派なホテルでした。地元の人は晴れの日に食事したりするんでしょうか。一方で、2000年前後の利尻・礼文の観光ブームから一転、経営は大変そう…なのでしょうか。お客さんを見かけず。そんなこともあってか、運良くツインの部屋に通してもらいました。

f:id:vita_brevis:20170228093702j:plain

翌日、朝1番の特急に間に合うように朝食が食べられることを確認して一安心。次に、北海道の一番上にある2つの耳の左側、ノシャップ岬に向かうことにします。部屋からの眺め。

f:id:vita_brevis:20170228093708j:plain

ノシャップ岬 : 街灯がないという洗礼を受ける

再び駅ターミナル。ここからノシャップ岬に行きます。ノシャップ岬までは市の中心部で、4つの系統のバスが通っており、1時間に3〜4本程度と結構な数のバスが出ていますが、一方で観光地要素は薄いのか、特段専用の切符が売っているわけではありませんでした[要出典]。バスは、サラリーマンと学生くらいで空いていた。

本当は抜海のアザラシを見に行くというのもあったのですが、流石に暗いし、誰もいないから行き倒れになりかねないし、うーんやめとこ。ということで辞めました。多分これでよかったと思ってる。

ノシャップのバス停に着きました。ここからノシャップ岬までは少し歩きます。Google Mapによれば、途中に「樺太食堂」という食堂が有り、水族館が有りと、きっとそれなりに分かりやすい道なのかと思っていたのですが…

f:id:vita_brevis:20170228093713j:plain f:id:vita_brevis:20170228093717j:plain

… (交差点、正面は海、右に曲がるとノシャップ岬灯台)

f:id:vita_brevis:20170228093746j:plain f:id:vita_brevis:20170228093742j:plain f:id:vita_brevis:20170228093722j:plain

…いや分からないでしょ!まさか街灯がないだなんて…。人一人いないどころか人家もスカスカで暗く、全く先の見えない交差点と暗闇から聞こえる冬の海の音。ここで間違って海に滑り落ちたら、誰にも見つけられなさそう。おお恐ろしい…。岬の名前はそれなりに有名だから、夜でも大丈夫かと思ったんですが…そもそも街灯すら無いだなんて。

下の写真は来た道を振り返ったもの。途中に闇の帯が広がっている…

f:id:vita_brevis:20170228093727j:plain

ここを直進すれば岬がある。

f:id:vita_brevis:20170228093731j:plain

フラッシュを焚いたら水族館が見えた。

f:id:vita_brevis:20170228093735j:plain

焚かないとこう。高いところにある明かりがノシャップ灯台の灯りでしょうか。

f:id:vita_brevis:20170228093739j:plain

ダメです流石にギブアップです。ということで、何とかノシャップのバス停に戻ってきました。まあ、ここも十分薄暗いんですが…。

f:id:vita_brevis:20170228093750j:plain f:id:vita_brevis:20170228093753j:plain f:id:vita_brevis:20170228093802j:plain f:id:vita_brevis:20170228093807j:plain f:id:vita_brevis:20170228093812j:plain f:id:vita_brevis:20170228093819j:plain

寒さに耐えつつ待つこと数分、駅行きのバスにほうほうの体で乗り込み、駅に戻りました。駅ではイルミネーションが少しだけ点っていました。この時の自分は街灯に圧倒的感謝していましたが、確かにこれと比べちゃうと、東京や札幌の夜の綺羅びやかさに憧れる気持ちもなんとなくわかります…。
ホームにはちょうど特急サロベツが到着していました。意外と降りる人が居た。

f:id:vita_brevis:20170228093824j:plain f:id:vita_brevis:20170228093827j:plain f:id:vita_brevis:20170228093831j:plain f:id:vita_brevis:20170228093836j:plain f:id:vita_brevis:20170228093839j:plain

ANAクラウンプラザホテル稚内です。あまり部屋の電気が灯っていませんね…。今になってこの写真を見て、折角なので最上階のバーにも行っておけばよかったなあと後悔しています。

f:id:vita_brevis:20170228093843j:plainf:id:vita_brevis:20170228093847j:plain

夜の防波堤ドームを見に行く。

次に、防波堤ドームを見に行きます。稚内と言うと、多分宗谷岬の次くらいに有名な場所です。段々文章を書くのがだるくなってきたので写真だけ載せます。

f:id:vita_brevis:20170228093851j:plain f:id:vita_brevis:20170228093855j:plain f:id:vita_brevis:20170228093859j:plain

確かに、アーチがずらりと並んでいるのは、ギリシャの神殿のようで圧巻です。一方で、昭和・平成に修繕の手が入ったために、建築物そのものに古さは感じられなかったです。

f:id:vita_brevis:20170228093903j:plain f:id:vita_brevis:20170228093908j:plain f:id:vita_brevis:20170228093914j:plain f:id:vita_brevis:20170228093919j:plain f:id:vita_brevis:20170228093924j:plain f:id:vita_brevis:20170228093929j:plain f:id:vita_brevis:20170228093935j:plain f:id:vita_brevis:20170228093942j:plain

この先にも防波堤が続いていますが、入れるのはここまで。 f:id:vita_brevis:20170228093953j:plain f:id:vita_brevis:20170228094008j:plain f:id:vita_brevis:20170228094022j:plain

夜の海が自分は嫌いで (全てを飲み込む、命を吸い取る暗さ) 、防波堤ドームの壁の向こう側からひたすら波の音が聞こえるのは若干心細くなります。

海上保安庁の巡視船「りしり」が停泊していました。子供の頃は、この海上保安庁の黒青白のマークが格好いいと憧れていました。

f:id:vita_brevis:20170228093938j:plain f:id:vita_brevis:20170228093947j:plain f:id:vita_brevis:20170228093958j:plain f:id:vita_brevis:20170228094013j:plain f:id:vita_brevis:20170228094018j:plain

ホテルに戻ってきました。ホテルにありがちなエレベーターのボタンパネル。廊下が曲線になっていて面白いです。

f:id:vita_brevis:20170228094026j:plainf:id:vita_brevis:20170228094030j:plain

この後、ロシア料理屋「ペチカ」に行こうかと思っていたのですが、初日ということもあり、気がついたら疲れて寝ちゃっていました…。

2日めに続く

豊富〜稚内間のバスについて

P.S. 最近調べたら偶然分かったのでメモします。

稚内と豊富の間は、路線バスがありません。このために移動手段の選択肢が少なくて、この旅では結構苦労しました。 で、最近昔は走っていたという話を見つけたので、メモしておきます。情報を総合するに、どうも

  • 昭和54年 沿岸バス・宗谷バスが相互乗り入れ (夏季のみ、4本/日)
  • 昭和62年 この段階で夏季のみ、2本/日
  • 平成9年 豊富〜稚内線 廃止
  • 少なくとも2008年ごろまで 宗谷バス サラキトマナイ線が稚内〜上勇知まで (1本/日)
  • 平成23年 サラキトマナイ線が乗合タクシーに

という状況だったようです。市域をまたぐためか、利用者が少なかったようです。途中にあるサラキトマナイ (更喜苫内) の学校も廃校になってしまったとかで。上勇知までに短縮して、宗谷バスが補助を受けつつ運行していたという状況でしょうか。

この豊富稚内線の存在自体は沿岸バスのWikipediaページにも書かれています。

豊富稚内線 稚咲内 - 原生花園 - 豊富駅 - 稚内駅前ターミナル 江辺頃別 - 豊富温泉 - 豊富駅 - 稚内駅前ターミナル 宗谷バスと共同運行。

沿岸バス - Wikipedia

宗谷バス サラキマトナイ線の存在は以下のページによる。

地名はアイヌ語らしくカタカナ表記のサラキトマナイですが、学校は更喜苫内という結構面倒な当て字がされていました。ここを走る宗谷バス サラキトマナイ線ですが市内~上勇知間を1日1往復半の超過疎路線です。 花柄クジラ号で吹雪の稚内さんぽ�A(声問編)

乗合タクシーについては以下のpdfが役立ちます。

【名称】更喜苫内地区乗合タクシー 【導入経緯】 更喜苫内地区を運行していた「サラキトマナイ線バス」は、市内への通学生の利用が主体であり、近年の児童・生徒の減少に伴い不採算状態が続き、市単独補助路線として運行されてきた。 そこで、一般客の利用が少ないことを踏まえてバス路線を廃止し、児童・生徒の市内への通学手段(スクールバス機能)を兼ね備えたデマンド型の「乗合タクシー」の導入が検討された。 なお、運行については「天北地区、恵北・増幌地区」と併せて行うものとし、平成22年度から実証運行を開始し、平成23年10月からは本格運行に移行している。 http://www.town.hamatonbetsu.hokkaido.jp/d_soumu/s_kikaku/2310/files/20140415211802.pdf

豊富稚内線に関しては、沿岸バスのTwitterアカウントで昭和62年の情報を載せていたので、それ

【期間限定バス】今年度も豊富稚内線(豊富駅前~稚内駅前)の運行が決定しました。昭和62年6月1日(月)~10月31日(土)の期間限定で2往復運行します。路線の維持のため、皆様の積極的なご利用をお願いいたします。#昭和62年の沿岸バス 沿岸バス@5/21 小平番屋まつり on Twitter: "【期間限定バス】今年度も豊富稚内線(豊富駅前~稚内駅前)の運行が決定しました。昭和62年6月1日(月)~10月31日(土)の期間限定で2往復運行します。路線の維持のため、皆様の積極的なご利用をお願いいたします。#昭和62年の沿岸バス https://t.co/wgVJKsKiC4"

こちらも (1日限定復活のを載せるのはどうかと思ったんですが…一応) http://archive.li/mIEdx#selection-2925.23-2935.15

[^1] 2017年4月末での値。出典は市のウェブページ
[^2] 出典はWikipedia
[^3]

www.nao.ac.jp

乳頭温泉に行った(2日め)

2日め

念願の露天風呂に入る

朝ご飯も囲炉裏を使います。一夜干しだったか…干物と聞いて戦々恐々としていましたが、程よい柔らかさで美味しかったです。これ、家でも食べたいなあ。 f:id:vita_brevis:20170226022526j:plain f:id:vita_brevis:20170226022531j:plain

旅館の朝食というと、ご飯!海苔!お味噌汁!塩鮭!みたいなのか、ハム・千切りキャベツ・スクランブルエッグが魚が載っていそうな角皿で出てくるというイメージがありますが、温泉旅館なのでちゃんとしていました。(完全に余談)

f:id:vita_brevis:20170226022516j:plain f:id:vita_brevis:20170226022521j:plain

食後、露天風呂が空いていたので、急いで入ってきました。 f:id:vita_brevis:20170226022536j:plain f:id:vita_brevis:20170226022541j:plain f:id:vita_brevis:20170226022545j:plain

やっぱり露天の方が気持ちいいです。温泉気分になります。旅情です。眺め自体は山の中なのであまりありませんが、静かな森のなかで、木と雪だけを見ながら温泉に浸かるのも落ち着いて良いものです(そりゃね)。ついつい長居してしまいました。 f:id:vita_brevis:20170226022550j:plain f:id:vita_brevis:20170226022558j:plain

都会生まれ・都会育ちなので雪が昔から好きなので、今でもついついはしゃいでしまい、写真が増えてしまいます。

田沢湖畔で誰も降りない

のんびり露天風呂を楽しんで憂いがなくなったので、宿を後にします。

宿の一角にあった、角館の名産工芸品、樺細工を使った箱です。個人的に気に入りました。樺細工の職人さんからすると、樺細工自体がアクセントに入るのは許せないのかもしれないですが、しかしデザイン性があるなあと思います。お金持ちになったら欲しい。 f:id:vita_brevis:20170226022602j:plain

外は晴れです。角館の市街地と比べると雪だらけです。バスを待つ間に、お土産に「つるまんじゅう」を買い、周りの写真を撮るなどしました。 f:id:vita_brevis:20170226022606j:plain f:id:vita_brevis:20170226022611j:plain

日本秘湯を守る会です。本当に秘湯が好きなら、旅行会社なんて使うなよというプライドのようなものを感じます。日本秘湯を守る会、名簿が本になっていますが、書店に卸して無いんですよね。そこもなんだか。でも、秘湯好きなら10件廻ると1件無料というのは、お得そうです。上手くブランド化していて凄いと思います。山奥という立地が却って価値になるんですから。 f:id:vita_brevis:20170226022615j:plain f:id:vita_brevis:20170226022620j:plain f:id:vita_brevis:20170226022624j:plain f:id:vita_brevis:20170226022628j:plain

送迎バスでアルパこまくさに向かいます。途中、真っ白な秋田駒ヶ岳が見えました。かっこいい。夏はお花畑が綺麗で、アルプスほどは険しくなく女性的なイメージですが、冬は白い雪に覆われて凛々しさがあります。 f:id:vita_brevis:20170226022632j:plain f:id:vita_brevis:20170226022636j:plain f:id:vita_brevis:20170226022640j:plain f:id:vita_brevis:20170226022647j:plain

かなり上の方までスキー場のリフトが付いているんですね。スキーは好きなのでいつか滑ってみたいですが、麓から見ると自然破壊の象徴にも思えます。その分登山の利便性も高まるのですが。しかも最近のスキー場は供給過多とかで軒並み経営が苦しい。複雑です。

アルパこまくさは、ビジターセンターと日帰り入浴施設が合体したような施設です。コマクサの群落を再現したコーナーが本格的でした。脇にヘルメットが置かれていたり、噴火時には災害本部になる説明など、目の前にある山は火山なのだと再認識させられます。

(今回は時間がなくて撮っていないのですが、バスの中から見た)天使の梯子(雲の隙間から漏れる光のこと。知らないと調べられない呼称で有名ですね)が田沢湖に落ちる様子などとても綺麗でした。

田沢湖畔で降ります。冬はシーズンオフなのか、降りたのは自分1人だけでした。ここで周遊バスに乗り換えます。時間があるのでレストハウスで食事を取ります。 f:id:vita_brevis:20170226022651j:plain

レストハウスは全体的に年季が入っていて、大丈夫なのか少し心配でしたが、韓国からの団体さんなどで食堂は賑わっていました。反対側に秋田犬が見られる施設があるのですが、経営が傾くと動物がまず割を食いそうで…どうなのでしょう。

急いでいるのに稲庭うどん鍋などを頼んでしまいました。うどんとご飯かあとギョッとしましたが、このお漬物がご飯にとても合い、気が付いたら完食してしまいました。美味しかったです。 f:id:vita_brevis:20170226022655j:plain f:id:vita_brevis:20170226022658j:plain f:id:vita_brevis:20170226022702j:plain f:id:vita_brevis:20170226022710j:plain

田沢湖です。外輪山が綺麗に反射しています。透明度が比較的高く、いい日は「田沢湖ブルー」が見られるそうですが、今日は残念。曇天だからでしょうか。

バスにお客さんがいない。

ここからは、今運行中の田沢湖~角館 周遊バスに乗ります。(元は田沢湖一周線に乗るつもりだったが、バス停に張り紙があって存在を知った。)しかしなんと、誰もいません。エーッ。

運転士さんにその場で切符を購入します。一日乗り放題2000円です。今は急いでいて途中下車しないので、ちょっと割高ですが、時間と角館~田沢湖の新幹線代までを天秤にかけたら乗ります。 切符、シリアルナンバーが1番でした。運転士さんも「このバス運転するのはじめてだからさ~」と、マニュアルを見つつスタンプを押したり。のんびりしています。

仙北市が運行すると思っていましたが、バスは羽後交通で、なら券も共通にすればいいのにと思わなくもないです。 f:id:vita_brevis:20170226022714j:plain

田沢湖自体は、大きさ(日本で19番目)の割に、水深は400m程度あり日本一深い湖です。火山のカルデラを見た経験がないと、目の前の湖がそんなに深いとイメージしづらいのではないでしょうか。そんなに深いとうかうか泳げなさそうですね。溺死したら浮いてくるんだろうか…。 晴れていれば、それは綺麗な青色に見えるのだそうです。が、この日は曇天であまりパッとしない。 f:id:vita_brevis:20170226022719j:plain f:id:vita_brevis:20170226022725j:plain

田沢湖Wikipediaによると、人工河川で水位調節をしているらしいです。流れ込むのは玉川で、あの強酸性の玉川温泉の源泉が混じっています。そんな強烈な水が流れ込んだせいで、漁業と下流の農業がダメになってしまった歴史があります。玉川温泉は強酸性の湯が売りなのですが、下流にとっては玉川毒水と忌むものだったようです。

最近では、田沢湖から姿を消し絶滅したと思われていたクニマスが、富士山麓の西湖で見つかったとニュースになりました。自分もニュースで見た記憶があります。世の中は広すぎて複雑すぎて、何が起こるのか見当つかないですね本当。

また、湖底は謎の白い沈殿物で覆われているらしいです。誰か成分分析したりしたんでしょうか。21世紀になっても分からないことは意外と身近にあるのが不思議です。 f:id:vita_brevis:20170226022729j:plain

御座石神社です。本当は降りてゆっくり観たかったですが、仕方ないです。時の藩主佐竹義隆公が腰掛けて休んだから御座石。うーん。御座石というと、全国各地にみられる普遍的な名前ですね。歴史は長いようですが、以前はなんと呼ばれていたのでしょう…。 f:id:vita_brevis:20170226022734j:plain

f:id:vita_brevis:20170226022748j:plain

たつこ像です。金箔なんだとか。バブルの遺物かと思っていましたが、そうでもなさそう。辰子伝説にあまり興味がなくて、ここはこれで終わり。 f:id:vita_brevis:20170226022752j:plain f:id:vita_brevis:20170226022757j:plain

ここからカルデラの外輪山を越え、秋田内陸縦貫鉄道のある谷筋に向かいます。この辺りで、バスの運転手さんから上桧木内の紙風船上げがとても綺麗なのだと話を聞きました。火の付いたものを流す/飛ばす祭りって広くありますが(竿燈すらそうらしいですね)、火にご先祖の魂などを見出す気持ちって誰にでもあるものなんでしょうか。 f:id:vita_brevis:20170226022802j:plain f:id:vita_brevis:20170226022807j:plain f:id:vita_brevis:20170226022812j:plain f:id:vita_brevis:20170226022816j:plain

角館の武家屋敷脇の駐車場でバスを降ります。 f:id:vita_brevis:20170226022823j:plain

武家屋敷再び(商人街を中心に)

まずは、前日行きそびれた樺細工伝承館を訪れました。

ここでは、職人さんの樺細工を作る実演を見ることが出来ます。また、初期の樺細工の印籠などの貴重であろう資料もあります。最後の方には郷土資料なども展示されています。

売店にはちゃっかり白岩焼などもあります。ここの湯呑み、気に入ったので帰ってから欲しくなってつらくなりました。2階の一部はお洒落なカフェ。

樺細工、伝統工芸としての価値は認識しているつもりですが、いざ買うかと言われると買えない…。買い手がいないと伝統の技を後世に残すのは難しそうですが、昔は生活に食い込んでいたこういったものが大量生産・大量消費の社会になって需要が少なくなり厳しそうなので、若干の心苦しさがあります。

f:id:vita_brevis:20170226022827j:plain

次に、南にある田町武家屋敷群を見に行きます。武家屋敷というと北(内町)の武家屋敷のイメージが強いですが、南にも西宮家、数軒あります。

途中、「外町資料館たてつ」に寄ります。外町は商人さんが住まうところだったのでしょうか。ここはここで大きいです。お庭は冬だからか入れませんでしたが、建物の中を見ました。土間というより通路が奥まで続いています[???]。

f:id:vita_brevis:20170226022832j:plain f:id:vita_brevis:20170226022837j:plain f:id:vita_brevis:20170226022842j:plain

歩いていくと、まず安藤醸造元があります。

f:id:vita_brevis:20170226022920j:plain f:id:vita_brevis:20170226022927j:plain

ここでも蔵を見学できます。襖絵や雛人形(どこも飾るのですね)などが立派です。鴨居にも黒い蝶の飾り?が付いています。中々精巧。まさにお屋敷という感じ。

f:id:vita_brevis:20170226022901j:plain f:id:vita_brevis:20170226022906j:plain f:id:vita_brevis:20170226022911j:plain f:id:vita_brevis:20170226022915j:plain

醸造元だけあって、本来のお仕事であろうしょうゆや出汁の販売もしていて、お客さんが頻繁に出入りしています。

f:id:vita_brevis:20170226022847j:plain f:id:vita_brevis:20170226022851j:plain f:id:vita_brevis:20170226022856j:plain

通りの反対側にも大きなお屋敷があります(非公開です)。

f:id:vita_brevis:20170226022936j:plain f:id:vita_brevis:20170226022941j:plain

f:id:vita_brevis:20170226022933j:plain f:id:vita_brevis:20170226022945j:plain

歩いていたら、なんだか古そうな(しかも戦前、それより前か)工場に出くわしました。眺めて数秒、毎度お馴染みの登録有形文化財のプレートに気が付きました。どうも製糸工場だったよう。角館は武家屋敷が特徴的ですが、こういう近代遺産も残っているのですね。壊さなくても良いくらい土地が余っていたのか、倉庫がベストな用途だったのか。

ここからは田町の武家屋敷の中で一番見栄えのする通りを歩きます。内町よりは私生活を感じますが、こちらも負けず劣らず左右に木が並んでいます。途中、田町武家屋敷ホテルがあります。よくガイドブックで紹介されていますが、外見が思ったより新しく見えます。

何故かある博物館。あとで調べたら、新潮社の創設者が角館出身だとか。

西宮家に寄ります。ここは今までで一番敷地が広かったように思います。同級生のお家がこれだったら、遊びに行った時度肝を抜かれますね…。蔵が3つ4つあり、レストランにショップも2つくらいあります。あいにく閉館間際だったことと、本館は団体貸切だったため、蔵を2つほど見ただけですが。維持するのも大変なのでしょうけれど。隣がNTTの巨大なビルなのは、どうかと思いますが…。

f:id:vita_brevis:20170226022950j:plain f:id:vita_brevis:20170226022954j:plain f:id:vita_brevis:20170226023001j:plain f:id:vita_brevis:20170226023017j:plain f:id:vita_brevis:20170226023020j:plain f:id:vita_brevis:20170226023027j:plain f:id:vita_brevis:20170226023031j:plain f:id:vita_brevis:20170226023035j:plain f:id:vita_brevis:20170226023039j:plain

駅に戻ってきました。部活帰りの高校生が待合室にいました。田沢湖線の各駅停車って7本/日らしいですが、それを通学の足とするとは。乗り遅れたら親御さんの車送迎になるんでしょうか。まさか半休?

f:id:vita_brevis:20170226023044j:plain

少し時間があるので、まずはお土産をそろそろ買うことにします。悲しいかな角館駅前でお土産を買おうとすると、自分が行った時(日曜夕方)は

  • 地酒ふじた
  • 唐土庵(和菓子屋。生もろこし、桜ほろほろ等)
  • NEW DAYS(土産菓子など少々)

が空いていました。総合ショップなどはない模様。自分はお酒をふじたさんで購入しました。日本酒に詳しくないので「純米(系)で、2500円前後で、珍しいのを!」とリクエストしたら、やまとしずく 純米大吟醸をお薦めされたのでそれを購入。帰ってから飲んでみましたが、冷やすとそれはもう美味しかったです。確かに東京だと見ませんが、何店舗かには流石に卸しているでしょう…ハセガワ系列?とか行くとあるのかも。

他のお土産は、空港の方がありそうなので保留に。

f:id:vita_brevis:20170226023047j:plain

新幹線で秋田に向かいます。秋田までは結構時間がかかります。大曲では進行方向が逆になるのですが、その次が終点ということもあるのか誰も椅子の向きは逆にせず。

お土産をいっぱい買ってしまう

秋田駅に着きました。秋田は結構大きいですね。西武もあるし、LOFTに無印良品にスタバに…地方都市の印象が改まりました。

f:id:vita_brevis:20170226023056j:plain f:id:vita_brevis:20170226023100j:plain

リムジンバスで空港に向かいます。席は大半埋まっていました。新幹線が通っているのに、飛行機結構人気なんですね。

f:id:vita_brevis:20170226023052j:plain

地方空港ではありますが、(勿論)オホーツク紋別よりは広かったです。でも紋別のほうが新しかった、かも?

f:id:vita_brevis:20170226023108j:plain f:id:vita_brevis:20170226023111j:plain

搭乗まで40分位だったので、ご飯を食べるにはちょっと短く、お弁当(俗に空弁)を買おうかと思ったのですが、さんまの押し寿司1つしかありませんでした…。

旅行中は荷物が増えるのを嫌ってお土産を買わず、秋田駅では買う時間がなく、結局空港で買っていきます。お土産屋さんは広くて品揃えもよく、結果的には功を奏しました。

自分は旅作の特典のANA FESTA 10%引きを使おうとしたので、ANA FESTAで買いましたが。

まずはハタハタ寿司。寿司というか酢で〆た?青森で夏見て以来、気になっていて東京で探していたのですが中々見つからず。あったのでこれはまず購入。コスパはいいと思います。

次、うんめぇ漬けというのが気になりました。秋田の名産が盛りだくさんです。これも購入。

あと金萬です。秋田銘菓らしいですね。自分は初めて知りました。食べたことがなかったので、折角だしなとこれも買ってしまいました。

空港で物を買うと、いつも冷凍品の扱いに困るのですが、まあ2時間程度ですし大丈夫でしょう。

全部で3000円くらいです。結構使いました…。

f:id:vita_brevis:20170226023115j:plain f:id:vita_brevis:20170226023122j:plain

飛行機はこの日何故かB767でした。2-3-2で余裕があります。しかし…搭乗率はお察し(ちなみに、前年2016年2月のANA国内線の平均利用率は63.0%、羽田秋田線は55.6%)。

帰路は夜で天候もそこまで晴れておらず、夜景とも縁なく羽田に着きました。羽田、降下する直前まで雲の中で、結構揺れていました。

羽田から自宅に帰り、無事今回の旅終了です。(どうでもいいけれど、羽田からの交通機関の支払いにクレジットカードを利用させて欲しい。特に電車の自動券売機。)

秋田雑感

秋田…その中で中央部の角館・田沢湖・秋田だけ訪れたのですが、すぐ出てくる感想としては「観光はいいね!」「でも住むのは考えちゃう」でした。

観光資源、これはもう文句なしです。東京のモノの消費ばかりの生活からしたら、たまにこういう所を訪れるのは息抜きにも刺激にもなっていいですよね。

一方、住んで働いて骨を埋められますかと言われると、ちょっと。まあ、人によって向き不向きがあって、たまたま自分に向いていないだけかもしれません。○活直前なので、そういう身の振り方に関することをどうしても頭の片隅で考えてしまいます。ここに生まれ育ったなら、どういう教育を受け、どういう職に就けるのでしょうか。若い人にとっての魅力とは。イタリアとかだと生まれた場所から離れない人が多い印象が(勝手に)ありますが、日本ってあんまりね。自分でもやはり仙台や東京に出てしまいそうです。理工系出身だとして…ここで活かせるんでしょうか?

秋田県、お米「あきたこまち」に代表される第一次産業と観光産業が栄えているイメージですが、人口流出の度合いが激しい県でもあるようです[要出典]。地図上では広く感じますが、人口は100万人強で、例えると大体世田谷区(91万人)でしょうか。ビジネスにはヒト・モノ・カネの3つが必要とよく言われますが、全てが果たしてあるのでしょうか。

こんな邪念に捕らわれず観光を楽しみたいですが、観光できるのも誰かが観光資源としてビジネスにつなげようとするからこそ、というと言い過ぎなのかもしれない。が、誰もいなければ(代わりがいくらでも居るかもですが)観光は難しく、資源も荒廃していってしまうでしょうし。

まあでもご飯は美味しいし、住んだら住んだで休日に温泉とか観光とかして楽しめるかもです。カフェとコンビニは意外とありましたし、秋田駅前はそれなりに栄えていたし。

乳頭温泉に行った(1日め)

0日目

航空券の氏名を間違える…

絶対やらないと思っていたんですが。散々注意書きがあり、確認画面もあったのに、気が付かなかった…。旅作で残り1室だったのですが、慌てているとやっぱダメですね。

で、国内線だと氏名を確認されることってほぼ無いですが、一応本人の名前に限るという決まりですので、いざという時のことを考えると直すのがとてもベターです。原則、旅作での申込みは氏名変更できない(一旦キャンセル→再予約が必要、キャンセル料が掛かる)のですが、キャンセルするにせよ宿をすぐまた予約しなければならず、まずこれが出来るのか問い合わせたところ、今回のみということで対応して頂きました…。良かった。

去年は飛行機の出発時間を間違えて乗り遅れ、今回は名前を間違えたので、次は何が起こるのか…。次、国際線乗りそうなのですが、怖いなあ。

1日目

飛行機に乗る

飛行機に乗るのは大ごとで、何しろ乗り遅れると新幹線なんかより余程大変です。何が何でも間に合わないとなりません。(ちなみに、乗り遅れた時は、まず航空会社に連絡(しないと定時まで呼び出したりで向こうも大変)、以降の便に振り返られない時は当日のU25割とかで探すのが一番被害が少ないんでしょうか。)

しかも今回は8時前出発の朝早い便です。時間にルーズな自分に自信が全く無いので、始発で向かいました。で、そうしたら時間が逆に余ってしまったので、とりあえず今まで来たことがなかった展望デッキへ。第二ターミナルなのでANAだらけ。朝焼けが綺麗でした。外は寒かった…。 f:id:vita_brevis:20170226021921j:plain f:id:vita_brevis:20170226021930j:plain f:id:vita_brevis:20170226021936j:plain

朝食は羽田で摂りました。羽田空港第二ターミナルだと、3F アッパーデッキトウキョウのお店が意外と開いており、モーニングへ注力しているのかメニューも豊富で良さげでした(ちょっと全体的に高いけれど…)。自分は、スパイスとピタパンに釣られトルコ料理を食べました。コーヒーが飲めて安心。 www.tokyo-airport-bldg.co.jp f:id:vita_brevis:20170226021942j:plain

でも結局、なんだかんだで時間が過ぎて、保安検査で優先レーンを通ることに…搭乗口到着とほぼ同時に搭乗開始でした。

飛行機は結構空いていました。羽田を飛びたつと、すぐ中央防波堤方向に右旋回(結構キツかった)、その後眼下に印旛沼や下総基地を見つつぐんぐん上昇していきました。この日は気流の関係で少し揺れたり。この後暫くは左右共展望が効いていて、左側からは山が見えていたようですが、途中から雲が出てきてしまいました。そして、ドリンクサービスのコーヒーが出たと思ったら、すぐ空港に向けて降下でした。羽田~新千歳線も昇ったと思ったらすぐ降りるのでせわしないと思っていましたが、秋田はそれ以上ですね。 f:id:vita_brevis:20170226021946j:plain f:id:vita_brevis:20170226021950j:plain f:id:vita_brevis:20170226021954j:plain

機内から外を撮る時は、MF(マニュアルフォーカス)、F値はなるべく大きく(シャッタースピードが遅くなりすぎない程度に)、ピント距離∞(無限遠)にしています。窓に機内の様子が反射してしまうのは、忍者レフというのがあればかなり軽減するようですが、そこまでカメラ小僧でもないので…。手でレンズ周りを覆う程度。

角館に行くバスに乗せてもらう

秋田空港に着きました。かなりコンパクトな空港です。手荷物受領も速攻で終わります。何よりバスまで20分弱しかない。なんだかTDKの創業者の一人が仁賀保出身なんですね。 f:id:vita_brevis:20170226021958j:plain f:id:vita_brevis:20170226022002j:plain

ここから角館に向かいます。

で、秋田空港からのメインの公共交通機関は、前にも書いたように秋田駅へのリムジンバスです。角館や乳頭温泉などに直接向かえる定額制乗合タクシー「エアポートライナー」の方が便利ですが、前日17時までの予約が必要で、忘れていたので、リムジンバス + 新幹線で角館に行くことを想定していました。

とまあネットで調べると分かるのですが、現地の人のほうが詳しいだろうと空港でスタッフさんに聞いたところ、1人めのスタッフさんに『複数人なら、リムジンバス + 新幹線で角館に行くより、タクシーで直接向かった方が安いかも、ちょっと向こうの人に聞いてみて』と言われ、2人めのスタッフさんに聞いたら、なんと丁度通りかかったエアポートライナーの運転士さんに話をつけて頂いて、空き席があったので乗せてもらえることに。

角館まで直進です。

武家屋敷でおじいさんのお話を聞く

乗合タクシーを角館駅前で降ります。とりあえず駅前の観光案内所に向かいます。やっぱりインターネットなんかより地元の人の情報ですね!

観光協会の人は、滞在時間と何回目の来訪かなどを聞いて、手早くどこを巡ればよいか教えてくれます。曰く、やはり武家屋敷を見るべきとのことですが、武家屋敷は内町で北から順に小野崎家、石黒(恵)家、石黒家、青柳家、岩橋家、河原田家、小野田家、別筋に松本家とあり、結構多いです。このうち、

  • 冬はやっていない武家屋敷が幾つかある
  • 逆に、岩橋家は冬だけ公開される。

んだそう。特に岩橋家は「冬がたり」という催しをしており、特にお薦めされました(見るだけじゃなく聞くこともできますしね)。また、内町の(よく写真で見る)武家屋敷だけでなく、田町の武家屋敷もお薦めされました。

観光し駅に戻ってくるなら、大きな荷物は預けると楽です。駅の周りにはコインロッカーが2つか3つあるのですが、値段は観光協会のロッカー < 観光協会の手荷物預かり(大きいものは)<駅のロッカーな気がします。

検索に中々出ないですが、駅前旅館も現役です。「ホテルフォルクローロ角館」「旅館やまや」があります。ホテルフォルクローロは、JR東日本ホテルズ系列で、東北の駅チカにあって、観光とビジネスの中間のような感じでしょうか。角館はかわいらしいこぢんまりとしたホテルです。旅館やまやは、新しめですがザ・駅前旅館という感じです。機会があれば一度泊まってみたくなる雰囲気があります。もっとも、観光地から少し離れていて、大抵の観光客は武家屋敷脇の駐車場にバスで乗りつけるのか、駅前はそこまで栄えてはいないですが。外国人の方はJAPAN RAIL PASSを使う人も多そうなので、その人通りがあるだけ救いなのでしょうか。

途中、ATMのため郵便局に寄ったら、かんぽ生命のマスコットキャラクターにお出迎えされました。東京から新幹線じゃなく飛行機で来たと言うと、お姉さんが随分驚いていました。そんな…意外なんでしょうか。

仙北市角館支庁舎です。かなり老朽化していますが、建替えの話が二転三転しているとニュースで見ます。この隣にもかなり傾いた建物があったりします。ちなみに仙北市田沢湖と角館でどちらが中心となるかでよく揉めているとか。市庁舎をどちらに置くかってそんな重要なんでしょうか(都会の人間感)。

f:id:vita_brevis:20170226022006j:plain まずちょっと角館武家屋敷資料館に寄りました。ここは…凄い保存状態が心配になるんですが、千両箱がボンと置かれていたり、籠があったり、べっ甲の簪などかなりなんでもあります。これらの出自が気になるところではあります。

次、ちょっと早かったですが、岩橋家に来ました。ちゃんと表玄関(家主よりも上の位の人しか通れない)と裏玄関が分かれていますね。で、何故かお客さんたちは表玄関から通してもらえました。 f:id:vita_brevis:20170226022022j:plain

冬は木張りの床にむしろをひくのだそう。冬、フローリングの冷たさに苦しんでいる自分は、昔の人に知恵で負けた気持ちになります。冬がたり自体は、囲炉裏のある(暖房の効いた)ところで、座布団に座る感じで行われます。ボランティアのおじいさんの方が、角館の成り立ちから、春夏秋冬、特に冬はどう暮らしていたかなどなど話してくれます。かなりコテコテの秋田弁(なのかがまずわからない)で、時々分からなかったですが、今は地方といえどかなり標準化されているので自分には新鮮で良かったです。

個人的に一番面白かったのは、スーパーが便利という話と、角館で佐竹北家の人々が住んでいた土地(城が武家屋敷の北の方にあるので、当然その近く)が売りに出され今は某宗教団体所有となっていることとかでしょうか。 f:id:vita_brevis:20170226022010j:plain f:id:vita_brevis:20170226022015j:plain f:id:vita_brevis:20170226022018j:plain

次に石黒家を見ました。おばあさんが簡単な説明をしてくれます。こっちは囲炉裏が現役でしたが、なるほど確かにストーブのほうがとてもあたたかい。とても。武士と言えど洗濯物を囲炉裏の熱で乾かしたり、当時の生活レベルの上限の存在を感じます。 f:id:vita_brevis:20170226022030j:plain [f:id:vita_brevis:20170226022050j:plain ]f:id:vita_brevis:20170226022054j:plain

どこに行っても雛人形が本気出しています。この中で八橋人形は、2000年代になってから作る人が亡くなられて、後継者が居ない状況なのだそう。現代といえど技術が消えるのか(書籍等あるのかもですが)と思ってしまいます。 f:id:vita_brevis:20170226022026j:plain f:id:vita_brevis:20170226022038j:plain f:id:vita_brevis:20170226022046j:plain

奥には蔵があります。凄く寒い…。どうも自分の感覚だと蔵は母屋と別途に建っているイメージだったのですが、角館では母屋とつなぐ土間の延長のような屋根付きの建物がありますね。 f:id:vita_brevis:20170226022058j:plain f:id:vita_brevis:20170226022102j:plain f:id:vita_brevis:20170226022106j:plain f:id:vita_brevis:20170226022110j:plain

人権モデル地区。 f:id:vita_brevis:20170226022058j:plain

はてさて。武家屋敷群ですが、よくよく見ると両側空き地があったりします。また、建物と建物の隙間からは、1つ向こうの道路が見えたりします。建物自体も、空き物件だったり、テナント募集中と書かれていたりします。なるほど。

武家屋敷自体も、武士がいた江戸期の後、戊辰戦争で戦火を免れ、その後明治の近代化に巻き込まれなかったところまではよく耳にしますが、大正~昭和の時代、特にその価値が見いだされるまでどうして存続できたのかは謎が残ります。調べれば出てくるのかな。

角館も、観光は駅の西側メインですが、東側の国道沿いには「しまむら」「ヤマダ電機」「ツルハドラッグ」といった、田舎n点セットのような商業施設が並んでいます。住む人々にとっての中心は反対側なのでしょうか。

お昼ご飯は親子丼

f:id:vita_brevis:20170226022132j:plain (食べ物で遊ぶなと教われど、被写体にしてしまいたくなった)

朝早かったこともあり、ここで昼食にしました。石黒家で薦められた樺細工伝承館は翌日に回しました。

秋田はご当地グルメが多く、稲庭うどん、きりたんぽ、比内地鶏いぶりがっこあたりが有名です。ここ角館だと、縁ある佐竹北家が食べていたとかで「御狩場焼」なんかも売り出しています。山椒味噌をつけて肉と野菜を焼くもので、夏食べましたがかなり美味しいです。ただまあ朴葉焼きと似てないか?という気もします。食べ損ねてつらい人は、安藤醸造などで「御狩場焼みそ」を売っているので、これを使ってお家でチャレンジできるかもです。

武家屋敷の周りにも食堂が十数件あるのですが、近かった「桜の里」というお店で親子丼を食べることにしました。比内地鶏自体の、普通の卵との違いって、残念ですが自分は分からない…。 f:id:vita_brevis:20170226022119j:plain

お店は意外と混んでいました。お店に行く途中でTVの撮影に出くわし(国分太一さんという方がおりました)たのですが、そのスタッフさんのご様子。

折角なので、ご当地ビールの「武家屋敷」も飲んでみます。味が濃く飲みごたえがあって美味しかったです。 f:id:vita_brevis:20170226022127j:plain

2日間でご当地グルメを制覇するのは結構厳しく、1本売りのきりたんぽ焼きなるものがあったので、これも頼んでしまいました。 f:id:vita_brevis:20170226022114j:plain

乳頭温泉に向かう

ご飯を食べてから、どうしようか迷ったのですが、乳頭温泉に向かうことにしました。温泉宿なので15~16時には着いていたかったのですが、角館~田沢湖の電車と、田沢湖からのバスの都合でそろそろ向かわないとダメな模様。

電車が1時間に1本とかなので、乗り過ごすと大変です(普通列車に至っては7本/日)。

食事処から15分程度歩いて角館駅につきました。券売機で当日の立席特急券を購入して、こまちに乗り田沢湖へと向かいます。立席特急券、初めて使う人には中々分かりにくい制度のような気がします…。また、ここで券売機が混んでいたら、購入を待っている間に電車が行ってしまいそう…まあ車内でも買えるかな。とにかく空いていてよかった。 f:id:vita_brevis:20170226022137j:plain

田沢湖までは10分弱。料金は1000円なので、新幹線としては驚きの安さですが、時間を考えると安いのか高いのか…。でも、飛行機と比べるととても静かで快適です。乗るのも楽ですし、飛行機だと秋田まで1時間ちょっとのところ、3時間くらいかけてでも新幹線を使う人の気持ちも分かります。

盛岡から来ると、仙岩トンネルを抜ければ秋田の気持ちですが、田沢湖は意外と山の中で、ここから角館までは結構山深いところを通る印象です。普通は川沿いにルートを取りますが、この辺りは玉川は抱返り渓谷となっていて、道とするには急峻すぎるのでしょうか。

それはともかく、田沢湖駅に着きました。田沢湖の町、角館・大曲と比べると小規模な印象です。心なしか雪が増えました。角館は標高55mくらい、田沢湖は200mくらいというのもあるのでしょう。

かわいいワンちゃんのポスターです。家にほしい。 f:id:vita_brevis:20170226022143j:plain

田沢湖には外国人の方々も当然いました。新玉川とかに行くようです。温泉を求めて日本の山中まで、ご苦労なことです。

バスの運賃ですが、窓口で予め切符を購入することもできます。20分くらいの待ち時間ですが、お手洗いが混んでいたりするとギリギリかもしれないです。

乳頭温泉する

最高でした(小並感)。もう…写真だけで。本当に、優勝!って感じでしたよ。

まずは温泉です。山の宿は、お風呂が内湯2つ、露天1つあり、それぞれ使いたい人は貸し切って使います。お風呂への出口横に鍵があれば、それを取って入りに行く感じです。 露天はやはり人気で中々入れないです。本館に行けば好きなだけ入れるのが幸いですね。 f:id:vita_brevis:20170226022147j:plain

山の宿~本館のバスは、意外と本数が多いです。また、本館のお風呂は、日帰り入浴だと入浴時間が10~15時のみですが、別館の宿泊客は人が引いた15時以降も入れます。また、受付で貴重品も預かってくれます。 f:id:vita_brevis:20170226022153j:plain f:id:vita_brevis:20170226022157j:plain f:id:vita_brevis:20170226022203j:plain f:id:vita_brevis:20170226022207j:plain f:id:vita_brevis:20170226022213j:plain f:id:vita_brevis:20170226022217j:plain f:id:vita_brevis:20170226022221j:plain f:id:vita_brevis:20170226022225j:plain f:id:vita_brevis:20170226022229j:plain f:id:vita_brevis:20170226022232j:plain f:id:vita_brevis:20170226022236j:plain f:id:vita_brevis:20170226022241j:plain f:id:vita_brevis:20170226022244j:plain f:id:vita_brevis:20170226022248j:plain f:id:vita_brevis:20170226022253j:plain f:id:vita_brevis:20170226022256j:plain f:id:vita_brevis:20170226022300j:plain f:id:vita_brevis:20170226022309j:plain f:id:vita_brevis:20170226022313j:plain f:id:vita_brevis:20170226022317j:plain f:id:vita_brevis:20170226022321j:plain f:id:vita_brevis:20170226022326j:plain f:id:vita_brevis:20170226022338j:plain f:id:vita_brevis:20170226022343j:plain f:id:vita_brevis:20170226022347j:plain f:id:vita_brevis:20170226022352j:plain f:id:vita_brevis:20170226022357j:plain f:id:vita_brevis:20170226022402j:plain f:id:vita_brevis:20170226022407j:plain f:id:vita_brevis:20170226022412j:plain

本館の雰囲気も良いですが、やはり施設の新しさからすると別館が勝るでしょうか。願わくば今度、本館にも泊まってみたいです。

「旅館のあのスペース」こと広縁には、なぜか掘り炬燵がありました。どうせなら部屋の真ん中におけばよかった、ような。

夕食に舌鼓を打つ

別館でも、囲炉裏は健在です。 f:id:vita_brevis:20170226022426j:plain f:id:vita_brevis:20170226022431j:plain f:id:vita_brevis:20170226022437j:plain f:id:vita_brevis:20170226022442j:plain

岩魚やニジマスなどの川魚、東京だと全然食卓に上らないので、旅行気分が出ます。 f:id:vita_brevis:20170226022452j:plain f:id:vita_brevis:20170226022456j:plain

囲炉裏の鍋は山の芋鍋。隠れた仙北エリアのグルメです。 f:id:vita_brevis:20170226022511j:plain

以上、大満足の1日でした。2日めに続きます。

乳頭温泉に行った(概要)

2/4・5に、乳頭温泉に行ってきました。

どうして乳頭温泉

久々に何もない土日だったので、東京から出ようと思い、どこかに行くことにしました。折角なので遠出しようと、とりあえずANAの旅作を眺めていたところ、温泉特集が組まれていて、その中で前から行きたかった乳頭温泉 鶴の湯に空きが丁度1室だけあったので決めました。

東北ですと他に、千人風呂で有名な酸ヶ湯温泉、ランプの宿 青荷温泉、強酸性で有名な新玉川温泉なども空きがあったのですが、乳頭は本当に前から行きたかったので…。

行程

実際の行程を書いています。(想定ではここまでアクロバティックじゃなかった)

2/4(土)

羽田空港07:50 = (ANA 401) = 08:55秋田空港
秋田空港 - (乗合タクシー) - 角館駅 … (武家屋敷観光) … 角館駅13:50 = (秋田新幹線 こまち22号) = 14:04田沢湖駅14:20 - (羽後交通 バス 乳頭線) - 14:54アルパこまくさ - (送迎バス) - 乳頭温泉 鶴の湯温泉 別館 山の宿 (泊)

2/5(日)

乳頭温泉 - (送迎バス) - アルパこまくさ12:09 - (羽後交通 バス 乳頭線) - 12:31田沢湖畔13:13 - (仙北市 バス こまくさ号) - 13:59角館 … (武家屋敷観光) … 角館駅17:16 = (秋田新幹線 こまち23号) = 18:17秋田駅18:35 - (リムジンバス) - 19:10秋田空港
秋田空港20:05 = (ANA 410) = 21:15羽田空港

どこを観光するか?

ANAの旅作を利用したので、東京~秋田は空路です。秋田空港から乳頭温泉までの間を考えます。1日目は秋田9時着、宿のチェックインは15時くらいで、秋田空港~乳頭は、新幹線とバスを乗り継いで2時間半程なので、3時間くらいの観光ができそうです。2日めはもう少し多く、5時間くらい時間が取れそうです。

秋田といえば、何しろ竿燈まつり、なまはげと言った「無形文化財」に、乳頭、玉川、後生掛といった「温泉」、いぶりがっこ稲庭うどんなどの「グルメ」が有名ですね。しかし本屋さんでガイドブックの棚を眺めていると分かるのですが、観光地となると秋田は東北の中では大人しめで、秋田のガイドブックがまずあまりありません(「るるぶ」「ことりっぷ」くらい)。新幹線沿線の有名な観光地だと

  • 角館の武家屋敷
  • 田沢湖
  • 抱返り渓谷(紅葉が有名、冬は遊歩道を閉鎖するようですが)

とかでしょうか(JR東日本の東北宣伝のお陰でなんとなく情景が頭に浮かびますね)。今回はこのうち角館・田沢湖の2つを回ることにしました。

他に、この時期のマイナー(?)なスポットとして

とかありますが、お祭り系は旧正月で1週遅いので断念。樹氷というと、蔵王にしか無いというイメージが出来つつあるのでしょうか。八甲田なども推していますが。他に、

とかも行ってみたかったですが、玉川温泉と同じく北の方に離れてあるので諦めました。

秋田空港からの脱出方法

観光客が秋田空港から脱出する公共交通機関は、公式ページを見る限り以下のような感じです。

交通機関名 行き先 値段 予約
リムジンバス 秋田駅・県庁市役所 930円(駅) 不要
タクシー どこでも 秋田駅は6230円、角館は14150円 不要
エアポートライナー(乗合タクシー) 市内・玉川温泉・角館・田沢湖乳頭温泉 角館2600円、乳頭4000円

角館に向かう場合、秋田駅経由の新幹線利用(バス+指定席で4000円くらい)より、エアポートライナーに乗ったほうが早くてお得そうです。今回も使いたかったのですが、予約し忘れていてダメでした(幸運なことに、結局乗れたのですが)。

田沢湖をどう観光するか?(周遊バス)

冬の田沢湖観て回るのが大変です。田沢湖の観光というと「たつこ像」「御座石神社」が有名で、その他「思い出の潟分校」「ハーブガーデン」「縄文の森」といった見どころがあります。しかしこれらはお互いに距離があり(例えば、バスが通る田沢湖畔バス停とたつこ像は湖の反対側にある)、回るのが大変です。夏はここを遊覧船が結びますが、冬はバスか自家用車のみです。

バスは、まず羽後交通の「田沢湖一周線があります。この路線は、田沢湖駅を出て、たつこ像、御座石神社を経由し、田沢湖を一周して駅に戻る1時間程の路線です。たつこ像では10分、御座石神社では20分の散策時間があり観光しやすいのですが、1日6便なので、時間を合わせるのが厳しめです。

丁度訪れた時は、田沢湖~角館の周遊バスが試験運行していて、これを利用しました。こちらも1日6便でしたが、たつこ像、御座石神社では徐行して写真を撮らせてくれます。そのまま角館に行けるのもメリットです。「田沢湖・角館 周遊パス」という切符の方が売り文句にされていて、バスはこれのために運行されている感じです。

本数を増やせば便利になりお客さんも増えそうですが、その分コストも嵩んでしまうので、その塩梅をどうするか、悩ましそうな話です。 (余談、最近は田沢湖無人運転バスの試験運行もされていたみたいですね。観光にも意外と応用できるのですね。)

www.sankei.com

費用

内訳 予約方法 費用
往復航空券・宿泊費 ANA 旅作 34,100円
現地の交通費 現地支払い 10,230円
食事 同上 約4000円
観光 同上 500円
お土産代 同上 約5000円
- - 計 約53000円

結局、5万円程掛かったように思います。1泊2日の旅行としては、温泉としてもちょっと高めでしょうか(スイートルームとかは別として)。意外と向こうでの移動にお金がかかりました。

全体としては、やはり往復航空券・宿泊費の比重が大きいです。交通機関が提供しているパックツアーが安いかと踏んで、今回はそればっか見ていましたが、正解はどれなのでしょう…。

勿論、今回はANAの旅作を利用しましたが、パックツアーは値段が時価で決まり不透明なので、JALダイナミックパッケージ、JRのダイナミックレールパックなど、他のパックツアーも検討すべきなのでしょう。もっとも、会社によって選べる宿泊施設が違うことがありそうですが。

今回候補に上げていた酸ヶ湯温泉は、JALダイナミックパッケージの方が安かったです。旅作でも、(東京便のみ就航しているザ・地方空港こと)大館能代空港を使ってみたかったのですが、こちらは値段が高かったりしました。また、一週間くらい前になると突如値段が跳ね上がったりするので、予約時期にも注意が必要です。

JR東日本も最近ダイナミックレールパックをはじめましたが、新幹線を利用するだけあって高い気がします。以下のサイトでは、このパックについて「2~3割程度安くなるケースが多い」「列車の需要が高い繁忙期は割り引きは期待できない」「ダイナミックレールパック用に一定の座席が確保されている」と書かれていますが、どうなんでしょう…。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO98599540Y6A310C1000000

個人的には、JR東日本えきねっと含め夜中に閲覧できないので、その時点でパスです。

大館能代空港は1998年にできた空港で、現在ANAの羽田便だけが就航しています。秋田新幹線+在来特急をあわせても東京まで5時間弱、地元の人にとっては念願だったのでしょう。観光資源も周りに多いのですが、1つの県に2つ空港がある状態で、秋田空港と比べると利用客の低迷で苦心しているようで、ググる大館能代空港利用促進協議会が一番上に出てきます…。ちなみに2016年12月の登場率は、大館能代線が42.7%。稚内36.5% < 八丈島41.1%の次に悪く、上に石見43.4%、中標津44.4%が続きます。紋別は50.8%、秋田は61.7%。通年で比較すべきではありますが、単純にこの期間、羽田線のうち)

参考リンク

幾つか参考になりそうなサイトを挙げます。まずはJR東日本が示しているモデルコース。1泊2日の乳頭温泉泊、田沢湖・角館を観光します。ほぼこれじゃん。まあ、大体乳頭行く人ってこういう周り方するのでしょう…(あと+αで抱返り渓谷)。 ekitabi.jrnets.co.jp

秋田県観光総合ガイド。県の観光振興課と観光連盟が組んで設立しているサイトです。某まとめサイトの類と違ってちゃんとしていて安心できますね。 www.akitafan.com

田沢湖なら観光協会のHPがおすすめです。 ようこそ田沢湖へ〜田沢湖観光協会ホームページ〜

角館は町の観光協会のHPと、あとその下のサイトも参考になりました。 kakunodate-kanko.jp みちのくの小京都 角館の魅力